「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等Q&A(リスク評価全般)

「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等Q&A
【新開発食品(遺伝子組換え食品、健康食品)】
こちらもご覧ください

掲載内容のキーワード一覧

Q&A

Q V-1 遺伝子組換え食品とはどのようなものなのでしょうか。また、遺伝子組換え食品を食べても人体に影響はないのでしょうか。

A V-1 遺伝子組換え(組換えDNA技術応用)食品とは、他の生物から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、その性質を持たせたい植物などに組み込む技術(遺伝子組換え技術)を利用して作られた食品です。現在、日本で流通している遺伝子組換え食品には、(1)遺伝子組換え農作物とそれから作られた食品、(2)遺伝子組換え微生物を利用して作られた食品添加物があります。
 遺伝子組換え食品については、品目ごとに安全性の審査を受けることが法律(食品衛生法)で定められています。実際に、厚生労働省からの要請に基づき、開発した品目ごとに、専門家で構成される食品安全委員会において、最新の科学的知見に基づき安全性の評価(食品健康影響評価)を行います。現在、国内で流通している遺伝子組換え食品は、全てこの安全性評価を経たものになり、これらは全て食べても人体に影響がないことを流通前に確認しております。

(参考)
  ・厚生労働省 遺伝子組換え食品の安全性に関する審査別ウインドウで開きます(外部サイト)

 

Q V-2 遺伝子組換え農作物と非遺伝子組換え農作物との違いはどのようなものでしょうか。

A V-2 遺伝子組換え技術によって、従来の農作物(非遺伝子組換え農作物)にはない形質を付与したことが違いとなります。具体的には、特定の除草剤を散布しても枯れない性質(除草剤耐性)、特定の害虫にのみ抵抗性を示す性質(害虫抵抗性)、また、特定の成分の含量を増加させた性質(高オレイン酸産生形質等)が主なものです。なお、遺伝子組換え農作物については、遺伝子組換え技術によって付与された形質を除いては、非遺伝子組換え農作物と同等であることを安全性評価の際には確認をしております。
具体的な安全性評価のポイントは、
  ・組み込まれた遺伝子は安全か
  ・組み込まれた遺伝子が作り出すたんぱく質に有害性はないか
  ・組み込まれた遺伝子が作り出すたんぱく質にアレルギーを誘発する可能性はないか
  ・組み込まれた遺伝子が間接的に作用し、他の有害物質を作る可能性はないか
  ・栄養成分、有害成分などの構成成分や量が大きく変化していないか
などで、これらについて科学的なデータを基に判断されます。
(参考)
  ・食品安全委員会 遺伝子組換え食品の安全性評価基準別ウインドウで開きます(外部サイト)

 

Q V-3 遺伝子組換えパパイヤの安全性が食品安全委員会で評価されたと聞きました。パパイヤは生で食べることが多いですが、食べても大丈夫でしょうか。評価内容について教えてください。

A V-3 パパイヤは、パパイヤリングスポットウイルス(PRSV)に感染すると果実に斑点を生じ、外見的な問題から市場価値が下がる、或いはPRSVの感染により果実の収穫が不可能になるなど、生産農家には深刻な被害をもたらすことがあります。日本で安全性審査が終了している遺伝子組換えパパイヤは「パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ55-1系統」(パパイヤ55−1)という品目で、このPRSVの影響を受けないよう作製されました。
 パパイヤ55−1の食品としての安全性は、食品安全委員会が策定した「遺伝子組換え食品(種子植物)の安全性評価基準」に基づいて評価が行われ、導入されたPRSV CP遺伝子等が作るタンパク質のアレルギー誘発性や毒素産生性、導入された遺伝子によるパパイヤそのものへの意図しない影響の確認などを中心に評価を行いました。
  ・PRSVは多くのパパイヤに自然感染しており、被害の少ない果実は食用とされるが、健康被害の報告はなく、ヒトに対して病原性を示さないと考えられること、
  ・PRSV CP遺伝子が作るタンパク質は、毒性やアレルギー誘発性を持つという報告はなく、生で食べても胃液で容易に分解されること、
  ・仮に1日1個パパイヤを食べたとしても、PRSV CP遺伝子が作るタンパク質の摂取量は日本人の平均的なタンパク質の摂取量に比べ、ごく微量であること、
  ・パパイヤは元々、アレルギー物質などを持っているが、導入された遺伝子の影響で、その量が増えたり、新しい有害物質を作るおそれはないことにより、パパイヤ55−1については、「ヒトの健康を損なうおそれはない」と判断しました。この評価を受けて、パパイヤ55−1は日本で食品として厚生労働省で許可されています。

(参考)
  ・食品安全委員会 食品健康影響評価書パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ55-1系統[PDF]別ウインドウで開きます
  ・食品安全委員会 季刊誌「食品安全」vol.21p2〜3 「遺伝子組換えパパイヤのリスク評価を行いました。」[PDF]別ウインドウで開きます
  ・食品安全委員会 遺伝子組換え食品(種子植物)の安全性評価基準[PDF]別ウインドウで開きます

 

Q V-4 遺伝子組換え食品の安全性を評価する際には、アレルギーに関してどのようなことを調べているのですか。

A V-4 食物の摂取により体に障害を引き起こす反応のうち、食物を原因とする異物(食物抗原)に対して防衛しようとする働きにより抗体が作られることを、食物アレルギー(Food Allergy)と呼んでいます。いったん抗体が作られると、その後の抗原の侵入に対して、この抗体がよい方に働けば、免疫反応により病気の発症を抑えることができます。
 ところが、アレルギー体質を持っている人の場合、その後の抗原の侵入に対して過敏な反応をし、血圧低下、呼吸困難又は意識障害等、様々なアレルギー症状が引き起こされます。このアレルギーの原因となる抗原を特にアレルゲンといいます。外部から侵入してきたアレルゲンに対し、人体は血清中にIgE抗体というタンパク質を作って反応します。IgE抗体はアレルゲンとの接触をくり返すうちに体内に蓄積し、一定量以上になると再びアレルゲンと接触したときに結びついて様々なアレルギー症状を引き起こすのです。
 食品安全委員会では、遺伝子組換え食品等の食品健康影響評価に当たり、遺伝子組換え操作によって新たに付加、或いは除去された全ての性質のみならず、遺伝子組換え操作によって組み換えられる元の生物に予期しない悪影響が生じる可能性がないかという点等について、これまでに安全に食べられてきた食品と比較することで評価を行っています。
 例えば、アレルギー誘発性に関しては、まず次のような事項について調べ、挿入された遺伝子により作られるタンパク質の発現量も含めて総合的に判断した上で、安全性を確認しています。
  (1)挿入する遺伝子を有している微生物又は植物等についてアレルギー誘発性の報告がないか。
  (2)挿入された遺伝子により作られるタンパク質がアレルゲンであるという報告はないか。
  (3)挿入された遺伝子により作られるタンパク質は消化や加熱に対して安定であるか。
  (4)既にアレルゲンとして分かっているタンパク質と挿入された遺伝子により作られるタンパク質の構造が似通っていないか。
 上記の項目でアレルゲンとなり得る可能性が否定できない場合には、
  (5)挿入された遺伝子により作られるタンパク質とアレルギー患者血清中のIgE抗体との結合能の検討が行われ、さらに疑わしい場合、皮膚テスト、経口負荷試験等の臨床試験が求められることになります。

(参考)
  ・食品安全委員会 季刊誌「食品安全」vol.5p2 「遺伝子組換え食品のリスク評価を理解する。」[PDF]別ウインドウで開きます
  ・食品安全委員会 遺伝子組換え食品安全性評価基準

 

Q V-5 体細胞クローン牛の安全性について教えてください。

A V-5 体細胞クローン技術とは、動物の体細胞(皮膚や筋肉などの細胞)を利用して元の動物と遺伝学的に同一な個体を新たに作製する技術のことです。すなわち、成熟した個体の体細胞から核を取り出し、これを細胞核を除いた未受精卵に移植して母体の子宮に戻すことにより、新しい個体を作成する技術です。核移植等の技術を用いて遺伝的に同一な個体を作る技術であるため、遺伝子の操作や改変等を行う遺伝子組換え技術とは異なります。この技術により、親個体と同じ遺伝子を持つ個体を理論上は無限に作ることが可能となります。
 食品安全委員会では厚生労働省からの依頼を受け、体細胞クローン技術を用いて産出された牛及び豚並びにそれらの子孫に由来する食品の安全性についてリスク評価を行いました。その結果、平成21年6月25日に「体細胞クローン牛及び豚並びにそれらの後代に由来する食品は、従来の繁殖技術による牛及び豚に由来する食品と比較して、同等の安全性を有すると考えられる。」との食品健康影響評価結果が示されています。
 なお、我が国において生産されている体細胞クローン家畜(牛、豚及び山羊)及びその後代は農林水産省が出荷自粛要請を行っているため、市場には流通していません。

(参考)
  ・食品安全委員会 新開発食品評価書 「体細胞クローン技術を用いて産出された牛及び豚並びにそれらの後代に由来する食品」[PDF]別ウインドウで開きます
  ・厚生労働省 体細胞クローン家畜由来食品に関するQ&A[PDF]外部サイトが別ウインドウで開きます
  ・食品安全委員会 「体細胞クローン動物に関する状況について」

 

Q V-6  「健康食品」の報告書とメッセージが発表されましたが、いわゆる「健康食品」を摂取する際に特に注意する点があれば教えてください。

A V-6  食品安全委員会では、「いわゆる『健康食品』の検討に関するワーキンググループ」を立ち上げ、いわゆる「健康食品」の安全性についての検討を行い、平成27年12月8日に報告書及びメッセージをとりまとめました。
 いわゆる「健康食品」は医薬品ではないので、摂って病気が治ることはありません。また、健康な人が摂れば問題ないものでも病気の人が摂るとよくない事例がたくさんあります。特に病気の治療中の方は、決して自己判断で摂るようなことはせず、必ず医師・薬剤師に相談してください。
 また、「天然なので安心」といううたい文句で販売されている例も見受けられますが、「天然物」だから安全ということはありません。実際、天然のハーブ類を使ったいわゆる「健康食品」による健康被害も報告されています。
 いわゆる「健康食品」の安全性や品質、有効性などは、信頼できるデータが少なく分からないことがほとんどという状態で売られているものも少なくありません。特に痩身効果をうたったダイエット食品や強壮を目的とするものには、医薬品成分などが違法に含まれているものがあり、重篤な障害の事例もあるので安易に摂取しないよう注意してください。いわゆる「健康食品」の摂取を検討するときは、まずこれらに対する知識を有する専門家等(かかりつけ医、薬剤師、管理栄養士、または近くの保健所)に相談してください。
 このような内容をまとめた報告書、メッセージ及びQ&Aについては、食品安全委員会のウェブサイトから入手できるので是非ご覧ください。

(参考)
  ・食品安全委員会 いわゆる「健康食品」に関するメッセージ[PDF]別ウインドウで開きます
  ・食品安全委員会 いわゆる「健康食品」に関する報告書[PDF]別ウインドウで開きます

 

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)