各専門調査会等の情報

 食品安全委員会には、運営計画を定めている企画等専門調査会とハザードごとの専門調査会及びワーキンググループが設置されています。

専門調査会等(12調査会・専門委員 約250名:委員名簿

専門調査会等の情報

 以下、各専門調査会等のページにおいて、委員名簿、安全性評価の考え方(評価指針等)、開催案内、開催実績等を掲載しています。

・専門調査会

企画等専門調査会

 食品安全委員会の運営計画を定めています。また、食品安全委員会が自ら必要と判断し行う評価(自ら評価)とする案件を決定するための審議を行います。

添加物専門調査会

 保存料、甘味料、着色料などの食品添加物に関して、「添加物に関する 食品健康影響評価指針」等に基づき、調査・審議しています。

農薬専門調査会

 農薬に関して調査・審議しています。

動物用医薬品専門調査会

 動物用医薬品は、畜水産物を介してヒトの体内に取り込まれる可能性があります。調査会では、牛、豚、鶏、魚等に投与される動物用医薬品、動物用医薬部外品及び動物用医療機器に関して調査・審議しています。

器具・容器包装専門調査会

 家庭で使う食器や食品の入れ物等を作る化学物質のうち、主に食品中に溶出すると考えられる物質に関して調査・審議しています。

汚染物質等専門調査会

 汚染物質や、その他、他の専門調査会の所掌に属さない化学物質(メチル水銀等)に関して調査・審議しています。評価対象物質は多様かつ特異的なため、物質ことにワーキンググループを設置し、調査・審議しています。

微生物・ウイルス専門調査会

 微生物、ウイルス及び寄生虫に関して調査・審議しています。食中毒原因微生物については、リスク評価に関連して国内外の科学的知見を収集したリスクプロファイルを作成することがあります。

プリオン専門調査会

 プリオンに関して調査・審議しています。食品安全委員会のリスク評価を踏まえ、評価依頼元である厚生労働省はBSE検査の見直し等を行います。

かび毒・自然毒等専門調査会

 かび毒、自然毒等に関して調査・審議しています。

遺伝子組換え食品等専門調査会

 遺伝子組換え食品等に関して、「遺伝子組換え食品(種子植物)の安全性評価基準」等に基づき、調査・審議しています。

新開発食品専門調査会

 新開発食品及び特定保健用食品に関して、調査・審議しています。特定保健用食品の表示のための審査項目に、食品安全委員会の安全性評価が含まれています。

肥料・飼料等専門調査会

 肥料・飼料等及び動物用医薬品(抗菌性物質、飼料添加物と共通の物質及び対象外物質に限る)に関して、「飼料添加物に関する食品健康影響評価指針について」等に基づき、調査・審議しています。

・ワーキンググループ

 特に専門性が必要なハザード等については、ワーキンググループ(WG)を設置して集中的に調査・審議を行います。

(以前設置していた主なワーキンググループ)

・関係資料

専門調査会委員名簿

リスク評価の窓

リスク評価の窓
 各専門調査会等の仕事を紹介するページです。

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)