ハザード別の情報

1〜9

ハザード 情報提供の状況
(平成28年5月末現在)
1,1,1‐トリクロロエタン(清涼飲料水の規格基準の改正)
1,1,2‐トリクロロエタン(清涼飲料水の規格基準の改正)
1,1‐ジクロロエチレン
1,2‐ジクロロエタン(清涼飲料水の規格基準の改正)
1,2‐ジクロロエチレン
1,3−ジクロロプロペン
1,4‐ジオキサン(清涼飲料水の規格基準の改正)
1‐ナフタレン酢酸
1−ヒドロキシエチリデン−1,1−ジホスホン酸
1‐ペンテン‐3‐オール
1‐メチルシクロプロペン
1‐メチルナフタレン
2‐(3‐フェニルプロピル)ピリジン
2,3,5,6‐テトラメチルピラジン
2,3,5‐トリメチルピラジン
2,3‐ジエチル‐5‐メチルピラジン
2,3-ジエチルピラジン
2,3‐ジメチルピラジン
2,4‐Dメチルピリジン
25‐ヒドロキシコレカルシフェロール
2,5‐ジメチルピラジン
2,6‐ジフルオロ安息香酸
2,6‐ジメチルピラジン
2,6‐ジメチルピリジン
2-10-性腺刺激ホルモン放出ホルモン類縁体・ジフテリアトキソイド結合物を有効成分とする牛の注射剤(ボプリバ)
2‐エチル‐3,(5or6)‐ジメチルピラジン
2‐エチル‐3‐メチルピラジン
2‐エチル‐5‐メチルピラジン
2‐エチル‐6‐メチルピラジン
2‐エチルピラジン
2‐ペンタノール
2‐メチルピラジン
2‐メチルブチルアルデヒド
3‐MCPD、3‐MCPD脂肪酸エステル
3‐エチルピリジン
3‐メチル‐2‐ブタノール
3‐メチル‐2‐ブテナール
3‐メチル‐2‐ブテノール
4‐α‐グルカノトランスフェラーゼ(BR151(pUMQ1)株を利用して生産)
4‐アミノピリジン
5,5-ジメチルヒダントイン
5,6,7,8‐テトラヒドロキノキサリン
5'‐イノシン酸二ナトリウム
5'‐グア二ル酸二ナトリウム
5'‐リボヌクレオチド二ナトリウム(5'‐イノシン酸二ナトリウム及び5'‐グアニル酸二ナトリウムの混合物)(GR‐No.1株により生産されたグアノシンを原料として製造)
5‐エチル‐2‐メチルピリジン
5‐メチルキノキサリン
6,7‐ジヒドロ‐5‐メチル‐5H‐シクロペンタピラジン
6‐α‐グルカノトランスフェラーゼ(BR151(pUAQ2)株を利用して生産)
6‐メチルキノリン
〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)