アレルゲンを含む食品(卵)に関連する情報

令和3(2021)年6月8日作成

 食品安全委員会では、アレルゲンを含む食品(卵)について、令和3(2021)年6月8日に開催した第819回食品安全委員会において評価結果をとりまとめました。
 平成28(2016)年3月、食品安全委員会は、「アレルゲンを含む食品」を自らの判断で行う食品健康影響評価の対象とし、アレルゲンを含む旨の表示(以下、「食物アレルギー表示」という。)制度の妥当性について科学的な検証を行うこととしました。今回は、特定原材料(食物アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、食品表示基準に定めるところにより表示しなければならないもの)の一つである「卵」を評価しました。現時点における科学的知見に基づいて調査審議を重ねた結果、『現在の食物アレルギー表示制度は、「卵」についてはおおむね妥当である』と判断しました。


 ※ 本Q&Aでは、食物アレルギー表示制度における特定原材料の卵を「卵」と記載しています( 詳しくはQ4をご覧ください。)。

Q1なぜ食品安全委員会は「アレルゲンを含む食品」のリスク評価をしたのですか。

Q2リスク評価で検証する「食物アレルギー表示制度」とはどのようなものですか。

Q3食物アレルギー表示制度の妥当性を「科学的に検証する」とは、具体的にどのようなことですか。

Q4今回の評価対象食品は、なぜ「卵」なのですか。また、鶏卵以外の「卵」も評価対象ですか。

Q5今後「卵」以外の評価は行われますか。

Q6:「卵」のリスク評価の対象はどのような人ですか。国民全体を対象とするのですか。

Q7国内で「卵」アレルギーをもつ人の割合はどれくらいですか。

Q8「卵」アレルギーの症状に特徴はありますか。

Q9鶏卵でアレルギー症状を起こすのは、卵白と卵黄のどちらですか。

Q10ゆで卵や卵焼きなど鶏卵を加熱調理したものは、アレルギー症状を引き起こしにくいのですか。冷凍はどうですか。

Q11鶏卵アレルギーの人は、うずらの卵やあひるの卵など、その他の卵でもアレルギーを発症するのですか。魚卵はどうですか。

Q12鶏卵アレルギーの人が発症しやすい「卵」以外の食物アレルギーはありますか。

Q13鶏卵アレルギー患者は、「卵」をどれくらい食べるとアレルギー症状が出現するのですか。

Q14「卵」表示のない加工食品を選んで食べている「卵」アレルギー患者でも、知らないうちに「卵」を含んだ加工食品を食べてアレルギー症状が出ることはありますか。

Q15鶏卵アレルギーがある子どもをもつ母親です。「卵」の表示がない加工食品やお菓子なら、子どもに食べさせても大丈夫でしょうか。

Q16今回の「卵」のリスク評価では、現在の食物アレルギー表示制度は、どのように判断されたのですか。

Q17評価結果は、「卵」について、「現在の食物アレルギー表示制度は、おおむね妥当」ということですが、「おおむね」とはどういう意味ですか。妥当でない部分はどこですか。

 

関連情報

リンク

 一般的な食物アレルギーに関する情報や食物アレルギー表示制度については、以下をご覧ください。

・アレルギーポータルサイト

アレルギーについて 食物アレルギー別ウインドウで開きます(外部サイト)
(厚生労働省の補助事業として一般社団法人日本アレルギー学会が運営するサイト。一般的な食物アレルギーに関する情報の検索や対策方法、医療機関の情報などを提供)

・消費者庁

食物アレルギー表示に関する情報別ウインドウで開きます(外部サイト)
(食物アレルギー表示制度について)


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)