評価書詳細

項目 内容 添付資料ファイル
評価案件ID kya20210608325 -
評価品目名 アレルゲンを含む食品(卵) -
評価品目分類 その他 -
用途 - -
評価要請機関 食品安全委員会 -
評価要請文書受理日 - -
評価要請の根拠規定 食品安全基本法第23条第1項第2号 -
評価目的 食品安全委員会が自らの判断で行う食品健康影響評価として、アレルゲンを含む食品(卵)に係る食品健康影響評価を行った。 -
評価目的の具体的内容 - -
評価結果通知日 2021年6月8日 -
評価結果の要約 アレルゲンを含む食品に関する表示の対象は、特定原材料が7品目、特定原材料に準ずるものが21品目あるが、このうち国内における患者数が多く、科学的知見が豊富な「卵」を評価の対象とした。また、特定原材料の「卵」の範囲は食用鳥卵全般であるが、入手した科学的知見に基づき鶏卵によるアレルギーに関する知見を整理し、必要に応じて鶏卵以外の食用鳥卵に係る知見も踏まえ、「卵」の食品健康影響評価を実施した。
アレルギー症状の誘発には個人差があり、個人レベルでみると数μgという微量の鶏卵タンパク質レベルによりアレルギー症状が誘発されることもあるため、鶏卵アレルギーに限らず食物アレルギー患者は医師の指示の下に加工食品を摂取する必要があるが、現在のアレルゲンを含む食品に関する表示制度があることにより、おおむね鶏卵アレルギー患者において、表示義務対象の加工食品ではアレルギー症状が誘発されないと判断される。
したがって、現在のアレルゲンを含む食品に関する表示制度は、「卵」についてはおおむね妥当であると判断した。
なお、今後、更なる精緻化を含めて食品健康影響評価を行うためには、必要な科学的知見を集積することが重要である。
評価結果の要約補足 - -