鳥インフルエンザについて

Q4 各国等の鳥インフルエンザ対する食品安全の情報を教えてください。

 主な国際機関及び各国等における鳥インフルエンザに対する食品安全に関する情報は以下のリンクの中で提供されております。例えば、WHO(世界保健機関)では、以下のとおり、鶏肉、家きん製品等について、適切な処理及び加熱調理が勧告されています。

  Q. 鶏肉、家きん製品及びその他の狩猟野鳥を食べることは安全か?
 
   はい、適切に処理され加熱調理された家きんや狩猟鳥を食べることは安全である。(鳥インフルエンザ)ウイルスは熱に敏感である。通常の加熱調理で使用される温度(食品全体が70℃に達する)で当該ウイルスは死滅する。WHOは、標準的な予防策として、家きん、家きん製品及び狩猟野鳥は常に適切な衛生慣行に従って処理し、家きん肉は適切に加熱調理するよう勧告する。
 
  WHO: Frequently asked questions on H5N1 influenzaより一部抜粋

最終更新:2020年12月15日

<国際機関及び地域機関>

○ 世界保健機関(WHO): Influenza(avian and other zoonotic)別ウインドウで開きます(外部サイト)

Factsheets: Avian and other zoonotic influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

Frequently asked questions on avian influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

Frequently asked questions on H5N1 influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

○ 国際連合食糧農業機関(FAO): Avian Influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

Frequently Asked Questions: H7N9別ウインドウで開きます(外部サイト)

Frequently Asked Questions: H5N1別ウインドウで開きます(外部サイト)

○ 欧州食品安全機関(EFSA): Avian Influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

<各国の機関>

○ 米国農務省(USDA): Avian Influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

Questions and Answers: Food Safety and Avian Influenza [PDF]別ウインドウで開きます(外部サイト)

○ カナダ保健省: Avian Influenza (Bird Flu)別ウインドウで開きます(外部サイト)

○ ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR): Avian Influenza別ウインドウで開きます(外部サイト)

○ アイルランド食品安全庁(FSAI): Avian Influenza (FAQs)別ウインドウで開きます(外部サイト)

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)