キッズボックス

キッズボックスについて

キッズボックス:食品の安全に関してお子さまといっしょに読んでいただきたいページです。

食品安全委員会について

食品安全委員会について[PDF形式:503KB]別ウインドウで開きます
「食品安全委員会」ってなに?どうやって食品の安全を守っているの?
食品安全委員会の活動について解説しています。

食品安全委員会委員の先生ってどんな人?

どうやって守るの?食べ物の安全性

どうやって守るの?食べ物の安全性[改訂版]
食べ物の安全性の考え方や、守る仕組みを紹介しています。

ジュニア食品安全委員会

 小学校5・6年生に食品安全委員会の先生と一緒に食品の安全性について楽しく学んでいただこうと、毎年夏休みに開催しています。

こんなこと知ってる!?

キッズボックス総集編

特集(キッズボックス総集編)
創刊号から第40号までのキッズボックス(おとなと子どもが一緒にお読みいただくために作成した記事)の総集編をホームページに掲載しました。

特集(キッズボックス総集編):一括表示はこちら[PDF形式:21,355KB] 別ウインドウで開きます


    食べ物について

 

食べ物について知りたい    食べ物について

食物アレルギーってどういうこと?[PDF形式:1,024KB]別ウインドウで開きます -NEW-
食物アレルギーは毎日の食事にかかわる身近なこととして、誰もが正しく知ることが大事です。


インスタント食品の豆知識[PDF形式:954KB]別ウインドウで開きます
身近な食品となってきたインスタント食品。 その特徴や、上手な利用法について考えてみましょう。


食品の保存を理解しよう![PDF形式:166KB]別ウインドウで開きます
食品の中には常温では保存しにくいものがあります。
食品の保存方法は、食品中に含まれる水分と関係しているようです。


食品の色はなぜ変わる?[PDF形式:602KB]別ウインドウで開きます
切り口が茶色っぽくなるリンゴやゆでると赤くなるエビ。食べ物の色の変化の秘密を見てみましょう。


季節の伝統食(秋・冬)[PDF形式:563KB]別ウインドウで開きます
今回はこの伝統食のなかでも、長持ちするように工夫された食べ物"保存食"を秋・冬をテーマに紹介します。


食べものにかかわる「単位」[PDF形式:748KB]別ウインドウで開きます
重さや濃さなど、食べものにかかわる単位を見てみましょう。


宇宙食の豆知識[PDF形式:940KB]別ウインドウで開きます
宇宙で活動する宇宙飛行士のためにつくられている宇宙食。
安全性や保存性など、厳しい条件が求められています。
どのような食品なのでしょうか。


お米の豆知識[PDF形式:941KB]別ウインドウで開きます
私たちの主食であるお米。
そのおいしさの秘密や種類について説明します。


大豆の豆知識[PDF形式:1,069KB]別ウインドウで開きます
私たちの食卓に欠かせない食品、大豆。
どのようにして食べられてきたのでしょうか。


卵の豆知識[PDF形式:962KB]別ウインドウで開きます
栄養満点でさまざまな食べ方ができる卵を、科学の目で見てみましょう。
ゆで卵と温泉卵、かたさが違うのはどうしてなのでしょう?


「塩」ってどんなもの?[PDF形式:305KB]別ウインドウで開きます
塩は、食べ物にしょっぱい味をつけるための身近な調味料です。
体の中に取り込まれた塩の役割と、一日の目標摂取量について解説しています。


食べ物になるまでをみてみよう![PDF形式:2,353KB]別ウインドウで開きます
食べ物の安全性を考えるときには、食べ物ができるまでの取組を知ることも大切です。
落花生(ピーナッツ)ができるまでを解説しています。


食べ物の「ふしぎ」を考えよう![PDF]別ウインドウで開きます
食べ物には、ちょっと考えると「なぜだろう」と思うことがいろいろあります。
「大根おろしがからいのはなぜ?」、「タマネギを切ると涙が出るのは?」など、食べ物の「ふしぎ」について解説します。


おうちのお雑煮、どこ出身?[PDF]別ウインドウで開きます
お雑煮の中身は、日本全国でかなり違うことを知っていますか?
しょうゆ味かみそ味か、おもちの形は四角か丸かなど、地域による違いについて紹介します。


野菜はどこからやってきた?[PDF]別ウインドウで開きます
日本原産の野菜は意外と少ないそうです。
いま食べている野菜は、どこで生まれて、いつ頃から日本で食べられているのでしょうか。


食べ方について知りたい    食べ方について

食べ方マナーの理由を知ろう![PDF]別ウインドウで開きます
行儀の悪い食べ方をするとしかられるのはなぜでしょう?
姿勢を正しくする、よくかんで食べるなど、
食べ方マナーを守ることがなぜ大切なのか、その理由を知っておきましょう。


食べ物での窒息事故に注意して![PDF]別ウインドウで開きます
食べ物をのどにつまらせて窒息することがあります。
食べ物は食べやすい大きさにして、よくかんで食べることがだいじです。
小さなこどもで気をつけたいことや食べ物がつまったときの応急手当を紹介します。


ペットボトル、飲み残しに気をつけよう![PDF]別ウインドウで開きます
口をつけて飲んだ飲み物を残しておくと、ペットボトルの中で菌が増えることもあります。
開栓後のペットボトル飲料の上手な飲み方について、解説しています。


きちんと栄養、とっていますか?[PDF]別ウインドウで開きます
健康な体をつくるには、栄養をバランスよくとることが大切です。
子どもでもサプリメントをとっている人がいるようですが、
栄養はきちんと食事でとることが基本です。


カロリーって、いったいなんだろう?[PDF形式:665KB]別ウインドウで開きます
『カロリーって、いったいなんだろう?』
食べ物の栄養の話で、よく「カロリー」という言葉を聞きます。
カロリーについて調べてみましょう。


安全性について知りたい    安全性について

 
春の山菜とあく抜きの効果[PDF形式:680KB](別ウインドウで開きます)

春の山菜とあく抜きの効果[PDF形式:680KB]別ウインドウで開きます
春はさまざまな山菜に出会う季節。食べるときには「あく抜き」しますが、なぜでしょうか。


毒がある魚がいるって本当?[PDF形式:337KB]別ウインドウで開きます
フグの毒はよく知られています。でも特別な資格を持った人が調理するから食べられます。他にも毒のある魚を紹介します。


放射線とその影響[PDF形式:737KB]別ウインドウで開きます
放射線と放射性物質について基本的なことや、それが食べ物を介して体に入った場合の健康への影響について解説しています。


動物に使う薬のこと、知っていますか?[PDF形式:691KB]別ウインドウで開きます
人は病気をなおすために薬を飲んだり注射したりするけれど
牛や豚、ニワトリなどの動物が病気になったらどうなるのでしょう?
今回は動物用の薬について勉強してみましょう。


食品添加物ってどんなものか知っていますか?[PDF]別ウインドウで開きます
正しいことをちゃんと知って、
安心して食べ物とおつきあいしましょう。


インフルエンザは、食べ物からうつるの?[PDF]別ウインドウで開きます
インフルエンザウイルスにはいろいろな種類がありますが、
どれも食べ物からはうつりません。


食材は、自然のままなら安全なの?[PDF形式:2,198KB]別ウインドウで開きます
ふだん食べ物でも、調理の仕方などをまちがえれば、体に害を与えるものもあります。
正しい調理方法をきちんと守って、おいしく安全に食べることについて解説しています。


「食べ物に繁殖する微生物」って、こわい?[PDF形式:2,319KB]別ウインドウで開きます
微生物は食べ物をくさらせてしまったり、食中毒やアレルギーの原因になったりしますが、実は、危険なものばかりではありません。
微生物の「発酵」というはたらきがないとできない食べ物について解説しています。


暑い季節は「かび」にも注意![PDF]別ウインドウで開きます
食べ物に生える「かび」は食中毒などの原因になります。特に湿度と温度が高い夏は、「かび」が増えやすい季節です。
「かび」が増えていくしくみや「かび」の害などを解説しています。


農薬って、使っても安全なの?[PDF]別ウインドウで開きます
どうして農薬を使うのでしょうか。
農薬を使った野菜は食べても安全なのでしょうか。
今回は農薬について考えてみましょう。


食物アレルギーを知っていますか?[PDF]別ウインドウで開きます
アレルギーの原因となる食べ物は、人によって、またその時の体調によっても異なります。
食物アレルギーの原因食品や対応について、解説しています。


消費期限と賞味期限は、どうちがう?[PDF]別ウインドウで開きます
「消費期限」と「賞味期限」はどちらも期限を示したものですが、意味はちょっとちがいます。
健康を守り、また、食べ物をムダにしないように心がけてもらえるように、期限の意味のちがいについて解説します。


とても小さな「単位」を知ろう![PDF]別ウインドウで開きます
食品の安全性に関する説明には、ppm(ピーピーエム)やμg(マイクログラム)などの単位がよくでてきます。
1ppmは「100万分の1」、1μgは「100万分の1g」を表しますが、実際にどれぐらいなのかわかりにくいものです。
そこで、このような単位について説明します。


食中毒について知りたい    食中毒について

キッズボックス(食中毒は何でおきるの?)

食中毒は何でおきるの?[PDF形式:924KB]別ウインドウで開きます
食中毒をおこす原因は細菌だけではありません。
潜伏期間や症状は、食中毒の原因によってさまざまです。


寄生虫ってなんだろう?[PDF形式:383KB]別ウインドウで開きます
肉や魚の体内にいることがある寄生虫。食中毒の原因になることもあります。
寄生虫について知っておきましょう。


お肉は生では、食べないで![PDF形式:513KB]別ウインドウで開きます
焼肉やバーベキューは楽しいけれど、食中毒を起こしたらたいへん!
どうすれば、食中毒を防ぐことができるのでしょう?


冬の食中毒、ノロウイルスに注意して![PDF形式:2,452KB]別ウインドウで開きます
ノロウイルスによる食中毒は、カキや二枚貝が原因で発症します。
日本では冬場に多いと言われる、ノロウイルスの食中毒について解説しています。


夏の食中毒、3つの決まりで防ごう![PDF形式:1,773KB]別ウインドウで開きます
夏場は食中毒の多い季節です。
こわい食中毒を防ぐための大事な決まりを解説しています。


お弁当も、食中毒に気をつけよう![PDF]別ウインドウで開きます
お弁当で気をつけたいのが食中毒。作ってから食べるまでの時間があるので、
作るときや保管には注意が必要です。安全なお弁当作りのポイントを覚えましょう!


野外料理でも、食中毒に用心を![PDF]別ウインドウで開きます
夏はキャンプの季節。みんなで作る野外料理は楽しいものですが、キャンプ場などで食中毒が起こることもあります。
野外で料理するときの注意したいポイントについて解説します。


食べ物の安全な加熱方法を知ろう![PDF]別ウインドウで開きます
食中毒の原因になるほとんどの細菌やウイルスは熱に弱いので
食べ物をきちんと加熱することで食中毒は防げます。
安全な加熱方法を知って、食事をおいしく楽しみましょう。


生活の中で気をつけたいこと    生活の中で気をつけたい

学校でトイレに行けますか?[PDF]別ウインドウで開きます
学校のトイレで大便をできない人がたくさんいます。
トイレをがまんすることによる体への悪い影響などについて、解説しています。


しっかり手洗い、していますか?[PDF]別ウインドウで開きます
手についた食中毒菌やウイルスは、口や鼻から体内に入ることでも感染します。
手洗いの重要性やポイントなどについて、解説しています。


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)