リスク評価

リスク評価とは

 食品に含まれる可能性のあるO157などの病原菌、プリオン、添加物や農薬などの危害要因が人の健康に与える影響について評価を行うことで、具体的には、食品中の危害要因を摂取することによってどの位の確率でどの程度の健康への悪影響が起きるかを科学的に評価しています。

詳しく知りたい方はこちら


  • リスク評価結果の解説
    • 「体細胞クローン技術を用いて産出された牛及び豚並びにそれらの後代に由来する食品の食品健康影響評価について」
    • 「食品からのカドミウム摂取の現状に係る安全性確保について」
    • 「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価について」
    • 「米国及びカナダ産牛肉等に係る食品健康影響評価について」
    • 「魚介類等に含まれるメチル水銀に関する食品健康影響評価について」
    • 「アカネ色素」
    • 「シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品」
    • 「伝達性海綿状脳症に関する牛のせき柱を含む食品等の安全性確保について」
    • 「サウロパス・アンドロジナス(いわゆるアマメシバ)を大量長期に摂取させることが可能な粉末、錠剤等の形態の加工食品」
    • 「我が国における牛海綿状脳症(BSE)対策に係る食品健康影響評価」

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)