ホーム > トピックス > 体細胞クローン動物に関する状況について

FSC Views

体細胞クローン動物に関する状況について


平成20年4月 2日作成
平成21年6月25日更新

体細胞クローン動物に関する状況について

 食品安全委員会では、厚生労働省から体細胞クローン技術を用いて産出された牛及び豚並びにそれらの後代に由来する食品について食品健康影響評価の依頼を受けたことから、食品健康影響評価を行いました。
 また、米国食品医薬品庁(FDA)及び欧州食品安全機関(EFSA)によるリスク評価結果の他、現段階において国内及び海外で公表されている情報をとりまとめ、以下のとおり情報提供いたします。

国内



参考資料


リスクコミュニケーション資料
諸外国

米国食品医薬品庁(FDA)(リンク)
・FDA Issues Documents on the Safety of Food from Animal Clones(英文)
欧州食品安全機関(EFSA)(リンク)
・EFSA adopts final scientific opinion on animal cloning(英文)
豪州・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)(リンク)
・Fact Sheets 2008: Food derived from cloned animals and their offspring(英文)


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)