細菌性食中毒予防のポイント

平成28年4月18日

細菌性食中毒予防のポイント

細菌性食中毒予防のポイント画像。細菌が増殖しないよう低温保存(10℃以下)に努める。抵抗力の弱い、乳幼児やお年寄り等は、特に注意する。食材にさわる前、さわった後は手をよく洗う(石けんを使って15秒以上)。

黄色ブドウ球菌食中毒予防のポイント

黄色ブドウ球菌中毒予防のポイント。食材にさわる前、さわった後は手をよく洗う。切傷などのけがをした手で食材を触らない。また、絆創膏を使用している場合も同じ。おにぎりを握るときはラップ、ビニール手袋などを使うことを推奨。

その他の食中毒予防のポイント

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)