【読み物版】 [牛海綿状脳症 (BSE) 国内対策の見直しに係る食品健康影響評価 (健康と畜牛のBSE検査の廃止) について その1] 平成28年10月28日配信


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内閣府 食品安全委員会e-マガジン【読み物版】
[牛海綿状脳症 (BSE) 国内対策の見直しに係る食品健康影響評価 (健康と畜牛のBSE検査の廃止) について その1]  平成28年10月28日配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品安全委員会は、2016年8月、厚生労働省からの諮問を受けて進めていた「牛海綿状脳症 (BSE) 国内対策の見直しに係る食品健康影響評価」について、「現在と畜場において実施されている、食用にと畜される48か月齢超の健康牛のBSE検査について現行基準を継続した場合と廃止した場合のリスクの差は非常に小さく、人への健康影響は無視できる。」とする評価結果を取りまとめました。
今号は、その経緯等についてお送りします。

 

━━━━━━━━━
1. 評価の経緯
━━━━━━━━━
牛海綿状脳症 (BSE) 【*1】とは牛がかかる病気の一つで、その原因と考えられている異常プリオンたん白質を含んだ食品の摂取により、人のプリオン病が発症することが知られています。
BSEは、1990年代前半をピークとして英国を中心に欧州で多数発生しました。我が国では、2001年9月に初めて発生が確認され、厚生労働省及び農林水産省において、飼料規制や牛のと畜の際の特定危険部位 (SRM) 【*2】の除去など、BSEの牛への感染及び人への感染防止のためのさまざまな対策がとられてきました。これらの対策により、国内では、2002年1月に生まれた1頭を最後に、以降14年間に出生した牛にBSEの発生は確認されていません。また、2009年度以降、現在までの7年間、600万頭以上の牛を検査し、BSE検査陽性牛は確認されていません。
こうした状況の下、食品安全委員会は、2015年12月に厚生労働省から、BSEの国内対策として行われてきた「食用にと畜される健康牛のBSE検査について現行基準 (48か月齢超の健康と畜牛を検査) を継続した場合と廃止した場合のリスクの比較」についての評価依頼を受けました。本件についてはプリオン専門調査会において審議が行われ、2016年8月30日に食品安全委員会はその評価結果を取りまとめ、厚生労働省に通知しました。

 

【*1】牛海綿状脳症 (BSE)
牛の病気の一つ。異常プリオンたん白質が、主として脳に蓄積して脳の組織が海綿 (スポンジ) 状となり、異常行動や運動失調などが現れ、死亡する。脳から異常プリオンたん白質を検出することで診断する。

【*2】特定危険部位 (SRM)
BSEの病原体と考えられている異常プリオンたん白質が蓄積しやすい部位のこと。食品として利用することが禁止されている。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 厚生労働省からの諮問内容
━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省から具体的に意見を求められた内容は、以下のとおり。

(1) 検査対象月齢について
食用にと畜される健康牛のBSE検査について、現行基準 (48か月齢超) を継続した場合と、廃止した場合のリスクを比較
※ ただし、廃止した場合にも、24か月齢以上の牛のうち、 1. 生体検査において、運動障害、知覚障害、反射異常または意識障害等の神経症状が疑われたもの、 2. 全身症状を呈するものは、と畜場でのBSE検査対象とする。

(2) SRMの範囲について
現行の「全月齢の扁桃・回腸遠位部・30か月齢超の頭部 (舌・頬肉・皮・扁桃を除く) ・脊髄・脊柱」から「30か月齢超の頭部 (舌・頬肉・皮・扁桃を除く) ・脊髄」に変更した場合のリスクを比較

 

━━━━━━━━━━━
3. 評価に当たって
━━━━━━━━━━━
今回のリスク評価に当たっては、食用にと畜される健康牛のBSE検査を廃止した場合の、牛肉等の摂取に由来するBSEプリオン【*3】による変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 (vCJD) 【*4】を含む人のプリオン病発症の可能性について総合的に評価しました。
なお、諮問された (2) のSRMの範囲については、飼料規制等を含めたBSE対策全般への影響について確認が必要と判断し、今後のリスク管理機関における整理を踏まえ、検討することとした (今回は評価しない) 。

 

【*3】BSEプリオン
BSEの原因と考えられている異常プリオンたん白質。

【*4】変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 (vCJD)
人のプリオン病の一つで、人間の脳に海綿(スポンジ)状の変化を起こす病気。BSE感染牛由来の食品を介して人に感染する可能性があると考えられている。

 

=========================================================================

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは受け付けておりません。
■食品安全委員会e-マガジンバックナンバー
www.fsc.go.jp/mailmagazine_back_number.html

■配信登録はこちら
[ウイークリー版+読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=35cca0985045a2091e101134e3a26be7別ウインドウで開きます(外部サイト)
[読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=e564c936d33a9581ec261adebd17991b別ウインドウで開きます(外部サイト)

[新着メール]
https://www.fsc.go.jp/newsreader/create

■配信中止・配信先変更はこちら
[ウイークリー版+読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=35cca0985045a2091e101134e3a26be7別ウインドウで開きます(外部サイト)

[読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=e564c936d33a9581ec261adebd17991b別ウインドウで開きます(外部サイト)

[新着メール]
https://www.fsc.go.jp/newsreader/cancel

■食品安全委員会からのご案内
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/e_oshirase_info.html

=========================================================================
[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局情報・勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/

 

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)