ホーム > FSC Views > 「即席カップめん」からパラジクロロベンゼンが検出された事案について

FSC Views

「即席カップめん」からパラジクロロベンゼンが検出された事案について



平成20年10月23日作成
平成20年11月6日更新

「即席カップめん」からパラジクロロベンゼンが検出された事案について

 平成20年10月23日、藤沢市民から即席カップめんを喫食したところ、薬品臭がし、嘔吐及び舌のしびれを呈したとの相談が藤沢市保健所にあり、苦情品の残品を検査したところ、パラジクロロベンゼンが検出された旨、藤沢市より報道発表がありました。
 パラジクロロベンゼンについては、以下の(社)環境情報科学センターのホームページ内「化学物質ファクトシート2006」(環境省請負事業)をご覧ください。

【補足説明】 ≫≫≫≫≫≫≫≫
 本事案については、即席カップめんからパラジクロロベンゼン、ナフタリンが検出の原因は、外部からの混入でなく移り香である可能性が高いと神奈川県警から発表されています。(11月6日)

パラジクロロベンゼン

       
       
ナフタレン

(財)日本中毒情報センター(中毒情報データベースから「パラジクロルベンゼン」、「ナフタリン」で検索してください)



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)