ホーム > 食肉や内臓の生食について

食肉や内臓の生食について

豚肉や豚の内臓(レバーなど)による食中毒などにご注意ください



平成27年7月17日

 豚肉(内臓、レバーなどを含む)、ジビエ(シカ肉、イノシシ肉など)には、細菌(サルモネラ属菌、カンピロバクター・ジェジュニ/コリなど)やウイルス(E型肝炎ウイルス)、寄生虫(トキソプラズマ、条虫など)などが付着している可能性があります。
 このため、豚肉や豚の内臓などの生食(レバ刺しなど)は、新鮮なものでもリスクは変わらず、食中毒などを起こす危険があります。中心部まで十分に加熱して食べましょう。
 抵抗力の弱い乳幼児や妊婦、お年寄りなどは、特に注意してください。


生肉等の喫食による食中毒の発生を予防するためのポイント


《食中毒等の原因となる細菌等に関する情報》

トキソプラズマ
概要等(平成21年度食品安全確保総合調査報告書)
感染症についての情報(厚生労働省検疫所FORTH)

E型肝炎ウイルス
リスクプロファイル(食品安全委員会)
E型肝炎Q&A(厚生労働省)
感染症についての情報(厚生労働省検疫所FORTH)
感染症の話(国立感染症研究所 感染症情報センター)

サルモネラ
概要(食品安全委員会)
リスクプロファイル(食品安全委員会)
感染症についての情報(厚生労働省検疫所FORTH)
感染症の話(国立感染症研究所 感染症情報センター)

カンピロバクター・ジェジュニ/コリ
概要(食品安全委員会)
リスクプロファイル(食品安全委員会)
感染症についての情報(厚生労働省検疫所FORTH)
感染症の話(国立感染症研究所 感染症情報センター)


《他省庁の関連ページ》

豚レバーの生食は、やめましょう(厚生労働省)
牛レバーを生食するのは、やめましょう(「レバ刺し」等)(厚生労働省)
お肉はしっかり火を通してから食べましょう(農林水産省)
寄生虫による食中毒に気をつけましょう(農林水産省)
ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒(政府広報オンライン)






〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)