食べものと放射性物質のはなし

その2 放射性物質と健康影響




ポスター(印刷用)
 
わたしたちのまわりには、もともと放射性物質1)があります
もちろん、食べものの中にも
わたしたちは、大昔から、そして生まれてきてからずっと、食べものを口にすることで、毎年0.4ミリシーベルト2)分くらい体に取り込んできました
それでは、原発事故後、食べものから体に入る放射性物質3)は、どのくらい増えたのでしょうか
厚生労働省など4)が調べたところ、年間で0.02~0.003ミリシーベルト増えました
これは、今まで食べものから摂ってきた量の、1 /205)~1/1306)くらいです
仮に、最も増えた場合(0.02ミリシーベルト/年間)で、80年間摂り続けて1.6ミリシーベルトです
元々受けてきた自然放射性物質からの放射線のほか、どのくらいの放射線を受けると、わたしたちの健康に影響が出る可能性があるのでしょうか
科学的に確認されているのは、一生涯で100ミリシーベルト以上7)です

1)カリウム40などの自然放射性物質 2)原子力安全研究協会「生活環境放射線(平成4年)」 3)事故由来のセシウム 4)厚生労働省・京都大学及び朝日新聞社・日本生活協同組合連合会 5)福島県の場合 6)東京都の場合 7)食品安全委員会


 
リーフレット(三つ折り)
印刷設定を「A4・両面印刷(短編とじ)」にして印刷してください。

もっと知りたい方のためのQ&A
  Q1 大昔から食べてきた食べものの中に含まれる「自然放射性物質」って、どんな食べものに入っているの?
Q2 私たちは原発事故以降、どのくらい放射性物質を摂る量が増えたの?また、それは誰が調べたの?
Q3 今の私たちの食事で、子どもたちの健康は大丈夫?大人の健康も大丈夫?
Q4
自然放射性物質も、人工放射性物質も、健康への影響は同じなの?
Q5
少量であっても、放射性物質を普段より多く摂ることは心配です。どのような食生活が体にいいの?

  Q1 大昔から食べてきた食べものの中に含まれる「自然放射性物質」って、どんな食べものに入っているの?
  A1 さまざまな食べものに入っています。
私たちが口にする食べものには、もともと、カリウム40や炭素14などの自然放射性物質が含まれています。例えばカリウム40の場合、野菜や肉・魚などに100~200ベクレル/kg程度、穀類に30ベクレル/kg程度が含まれています。
日々の食事で、こうした自然放射性物質を摂っていることなどにより、私たちの体には、常に放射性物質が含まれています(体重約60kgの日本人で約7,000ベクレル)。
【出典:原子力安全研究協会「生活環境放射線データに関する研究」(昭和58年)】

  Q2 私たちは原発事故以降、どのくらい放射性物質を摂る量が増えたの?また、それは誰が調べたの?
  A2 国・研究機関・消費者団体が調査し、いずれの結果でも、大昔から食べてきた食べものの中の自然放射線量と比べ、きわめて少量でした。
食品に含まれる放射性物質から受ける放射線量(1年分)について、
①厚生労働省、②京都大学・朝日新聞社、③日本生活協同組合連合会が調べています。
その結果は、以下のとおりです。
食事中の放射性セシウムによる放射線量(1年分)  
調査機関 調査結果(推計)
厚生労働省 0.003~0.02ミリシーベルト
京都大学・朝日新聞社 0.023ミリシーベルト
日本生活協同組合連合会 0.023ミリシーベルト
厚生労働省は、東京・宮城・福島で地元又は近隣県産を購入して測定
京都大学・朝日新聞社は、福島県内の26家族の普段の食事を測定、検出された家族の中央値(26家族中1家族は検出限界以下)
日本生活協同組合連合会は、全国250の家庭の普段の食事を測定、検出された福島県・宮城県の家庭の中央値(95.6%の家庭は検出限界以下)
どの結果も、私たちが原発事故以前から食事で摂ってきた自然放射線量(年間0.4ミリシーベルト(※))の約1/20~1/130の量でした。
(※)原子力安全研究協会「生活環境放射線(平成4年)」

  Q3 今の私たちの食事で、子どもたちの健康は大丈夫?大人の健康も大丈夫?
  A3 科学的にみて心配する必要はありません。
食品安全委員会(内閣府)では、昨年の原発事故の後、国内外の約3,300の文献を整理し、専門家による食品健康影響評価を行いました。
その結果、放射線による健康影響が確認されるのは、一生涯で、自然放射線など通常の一般生活において受ける放射線量に加え、おおよそ100ミリシーベルト以上と判断しました。
そのうち、子どもは、放射線の感受性が大人より高い可能性があると判断しています。
ただし、子どもは体内からの排出が早く、食べものの摂取量も少ないことなどから、食事から摂取する放射線量は少なくなります。

一方、原発事故の影響により、実際に私たちが食事から追加的に摂った放射線量は、今まで摂ってきた自然放射線量(0.4ミリシーベルト/年)と比べてもきわめて少なく、仮に最も増えた場合(0.02ミリシーベルト/年)(※)でも、80年間摂り続けて1.6ミリシーベルトです。
お子さんを含め、科学的にみて心配する必要はありません。
※厚生労働省調べ(Q2参照)

  Q4 自然放射性物質も、人工放射性物質も、健康への影響は同じなの?
  A4 健康への影響は同じです。
放射線が私たちの健康へ影響を与えるしくみは、自然放射性物質か、人工放射性物質かで異なるものではありません。同じ線量なら、健康への影響は同じです。(その影響は、すべてシーベルトで表します。)

  Q5 少量であっても、放射性物質を普段より多く摂ることは心配です。どのような食生活が体にいいの?
  A5 バランスの良い食生活が大切です。
痩せ過ぎや肥満、塩分の摂り過ぎは、100~200ミリシーベルトの放射線を受けた場合より、がんになるリスクを高くするという研究報告があります。
また、カリウムは、ナトリウムの排泄を促し、血圧の上昇を抑えるなど、健康を保つのに必須の栄養素です。カリウム40は、カリウムに一定比率(0.012%)含まれているため、カリウム40だけを避けることはできません。
ごく少量の放射性物質の健康への影響については諸説ありますが、野菜や果物などからカリウムを摂り、食品をバランスよく食べることが大切です。


放射線によるがんのリスクの大きさ

 国立がん研究センターでは、放射線や生活習慣によるがんのリスクの大きさを、以下のように示しています。

要因 がんになるリスク
1000~2000ミリシーベルトの放射線を受けた場合 1.8倍
喫煙/大量飲酒(エタノール450g以上/週※) 1.6倍
痩せ過ぎ 1.29倍
肥満 1.22倍
200~500ミリシーベルトの放射線を受けた場合 1.19倍
運動不足 1.15~1.19倍
塩分の摂り過ぎ 1.11~1.15倍
100~200ミリシーベルトの放射線を受けた場合 1.08倍
野菜不足 1.06倍
受動喫煙 1.02~1.03倍
100ミリシーベルト未満の放射線を受けた場合 検出不可能

出典:(独)国立がん研究センター調べ
「わかりやすい放射線とがんのリスク ‐国立がんセンター」

 http://www.ncc.go.jp/jp/shinsai/pdf/cancer_risk.pdf

・放射線によるがんのリスク
 「広島・長崎の原爆被ばく者の約40年間の追跡調査」からのデータ(寄与率を相対リスクに変換)
 http://www.rerf.or.jp/radefx/late/cancrisk.html

・生活習慣によるがんのリスク
 日本の40~69歳の地域住民を約10~15年追跡調査したデータ(多目的コホート研究)
 http://epi.ncc.go.jp/jphc

※飲酒については、酒類に関わらずエタノール換算量で示した。目安として、エタノール23gはほぼ日本酒1合
 (180ml)、ビール大瓶1本(633ml)、焼酎25度120ml、ワイングラス 2杯(200ml)、ウイスキーダブル1杯 (60ml)相当。




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)