豚コレラについて

豚コレラについて

 

平成30年9月9日         
(平成31年2月6日更新)

 

国内の豚コレラの発生に関する情報

平成30年9月9日、岐阜県岐阜市の養豚農場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われました。

また、平成31年2月6日、愛知県豊田市の養豚農場においても、豚コレラの患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われました。

農林水産省によれば、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

 

(※)ウイルスにはそれぞれ感染しやすい動物があり、豚コレラウイルスは、豚やいのししなどのイノシシ科動物に感染するウイルスです。インフルエンザウイルスのように、もともと幅広い動物種に感染しやすい性質を持っているウイルスもありますが、豚コレラウイルスは、人には感染しないウイルスです。

 

参考情報

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)