会議開催予定と委員会の実績

食品安全委員会の開催状況 平成18年6月まで


食品安全委員会

平成18年6月29日(木)

平成17年度食品安全委員会運営状況報告書について、企画専門調査会における審議結果の報告を受け、原案どおり決定
暫定基準が設定された農薬等の食品健康影響評価の実施手順について決定
食品安全委員会が自ら行う食品健康影響評価(案件候補「メキシコ、チリ、中国産牛肉等に係る食品健康影響評価」の取扱いに関し、プリオン専門調査会において、米国及びカナダ以外で我が国が牛肉を輸入している国について、情報収集により現状把握するとともに輸入牛肉のリスク評価の進め方や評価に必要な項目について議論することを了承)
食品安全委員会の3年間を振り返って各委員からの感想
平成18年6月22日(木)

食品健康影響評価の要請(動物用医薬品「ウエストナイルウイルス感染症不活化ワクチン(ウエストナイルイノベーター)」)について農林水産省から説明
飼料中の残留農薬基準の設定について農林水産省から説明
食品健康影響評価の取り下げ(新開発食品「明治もっとカルシウムベビーチーズ」について厚生労働省から説明を受け、取り下げについて了承)
食品健康影響評価(「d−クロプロステノールを有効成分とする牛及び豚の注射剤(ダルマジン)」について検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を厚生労働大臣及び農林水産大臣に通知)
食品健康影響評価(「鶏マレック病凍結生ワクチン(ポールバックMD cvi)」について検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を農林水産大臣に通知)
食品健康影響評価(「ステイバランスRJ」について検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を厚生労働大臣に通知)
コエンザイムQ10に係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)について国民からの意見・情報の募集に着手することを決定
米国産牛肉輸入再開問題について厚生労働省及び農林水産省から報告
平成18年6月15日(木)

食品安全基本法第11条第1項第1号の食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないとき(食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないとき(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律第3条第1項の規定に基づき定められた飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令別表第2の6の飼料添加物一般の試験方法等に規定される「石綿」及び「石綿板」についてこれを用いない形に改正すること)についての照会)について検討し、食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときに該当することを決定
食品健康影響評価(「チョウ目害虫抵抗性及び除草剤グルホシネート耐性トウモロコシBt10」について検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を農林水産大臣に通知)
食品安全委員会が自ら行う食品健康影響評価(案件候補「メキシコ、チリ、中国産牛肉等に係る食品健康影響評価」について結論を出すことはせず、プリオン専門調査会の意見を聴いた上で、改めて委員会で本件の取扱いについて検討することを決定)
米国産牛肉輸入問題に関する意見交換会の概要について厚生労働省及び農林水産省から報告
平成18年6月8日(木)

食品健康影響評価(特定保健用食品「ガイオ タガトース」について改めて検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を厚生労働大臣に通知)
食品健康影響評価(動物用医薬品「ドラメクチンを有効成分とする製造用原体(ドラメクチン)並びに牛及び豚の注射剤(デクトマックス)」の再審査について検討。同日付けで食品健康影響評価の結果を厚生労働大臣及び農林水産大臣に通知)
動物用医薬品専門調査会における審議状況について報告(動物用医薬品「イベルメクチンを有効成分とする牛の寄生虫駆除剤(アイボメックトピカル)」の再審査について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等について報告(平成18年5月分)
平成18年6月1日(木)

食品健康影響評価(特定保健用食品「ガイオ タガトース」について検討し、委員からの指摘について再度確認を行った後、委員会で改めて検討することを決定)
微生物・ウイルス合同専門調査会における審議状況について報告(「食品により媒介される微生物に関する食品健康影響評価指針」(案)に係る意見・情報の募集の結果を踏まえ検討し、現時点での案として取りまとめることを了承。また、今後、微生物専門調査会及びウイルス専門調査会において「食品により媒介される微生物に関する食品健康影響評価指針」(案)を運用し、適宜修正を加え完成させていく方針について了承)
OIE総会の報告について農林水産省からの報告
食品安全委員会の5月の運営について報告
ポジティブリスト制度導入に伴う評価体制の強化のための農薬専門調査会の運営について報告
平成18年5月25日(木)

食品健康影響評価の要請(添加物2品目 [1]「サッカリンカルシウム」及び[2]「L−グルタミン酸アンモニウム」)に関する厚生労働省からの説明
食品健康影響評価の要請(農薬3品目 [1]「ジメトモルフ」、[2]「ペントキサゾン」及び[3]「ヨウ化メチル」)に関する厚生労働省からの説明
食品健康影響評価の要請(遺伝子組換え食品等「コウチュウ目害虫抵抗性トウモロコシMIR604」)に関する厚生労働省及び農林水産省からの説明
コエンザイムQ10の安全性に関する照会に対する回答について厚生労働省からの説明
米国産牛肉輸入問題に関する日米専門家会合の結果の概要について厚生労働省及び農林水産省からの報告
企画専門調査会に調査審議を求める事項([1]平成17年度食品安全委員会運営計画のフォローアップ及び平成17年度食品安全委員会運営状況報告書について、[2]食品安全委員会が自ら食品健康影響評価を行う案件の候補について並びに[3]平成18年度食品安全委員会運営計画の実施状況の中間報告について)を決定
食品安全モニターからの報告について(平成18年4月分)の報告
平成18年5月18日(木)

食品健康影響評価の要請(農薬2品目 [1]「ホルペット」及び[2]「フェンブコナゾール」)に関する厚生労働省からの説明
飼料中の残留農薬基準の設定について農林水産省からの回答を了承
食品健康影響評価(動物用医薬品4品目 [1]「エンロフロキサシンを有効成分とする製造用原体(バイトリル原体)」、[2]「鶏の飲水添加剤(バイトリル10%液)」、[3]「牛の強制経口投与剤(バイトリル2.5%HV液)」並びに[4]「牛及び豚の注射剤(バイトリル2.5%注射液、同5%注射液、同10%注射液)」について検討し、同日付けで厚生労働大臣及び農林水産大臣に通知)
食品健康影響評価(動物用医薬品「エトキサゾールを主成分とする動物用殺虫剤及びエトキサゾール(原薬)」について検討し、同日付けで厚生労働大臣及び農林水産大臣に通知)
食品健康影響評価(添加物「L−グルタミン」について検討し、同日付けで厚生労働大臣に通知)
添加物専門調査会における審議状況について報告(「ヒドロキシプロピルメチルセルロース」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
動物用医薬品専門調査会における審議状況について報告(「鶏マレック病凍結生ワクチン(ポールバックMDcvi)」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
新開発食品専門調査会における審議状況について報告(「ステイバランスRJ」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
平成18年5月11日(木)

食品安全基本法第11条第1項第1号の食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないとき(「食品衛生法第11条第1項の規定に基づき定められた乳及び乳製品の成分規格等に関する省令の試験方法に規定される「石綿付金網」及び「石綿網」、並びに食品、添加物等の試薬・試液等に規定される「石綿」について他のものを用いる形に改正すること」及び「食品衛生法第11条第1項の規定に基づき定められたクロラムフェニコール試験法において、養蜂産品を試験に供する場合の抽出・精製法を追加すること」についての照会)について検討
食品健康影響評価(農薬「シアゾファミド」について検討し、同日付けで厚生労働大臣に通知)
食品健康影響評価(特定保健用食品3品目 [1]「オーラルヘルスタブレットカルシウム&イソフラボン」、[2]「イソフラボンみそ」、[3]「大豆イソフラボン40」に係る食品健康影響評価及びその別添として取りまとめられた[4]「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」について検討し、同日付けで厚生労働大臣に通知)
動物用医薬品専門調査会における審議状況について報告(「d-クロプロステノールを有効成分とする牛及び豚の注射剤(ダルマジン)」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
ポジティブリスト制度に係る暫定基準が設定された農薬等の食品健康影響評価の実施手順(案)について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定
食品安全委員会の4月の運営について報告
「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等について報告(平成18年4月分)
平成18年4月27日(木)

食品健康影響評価の要請(動物用医薬品9品目 [1]「メロキシカムを主成分とする牛の注射剤(メタカム2%注射液)」、[2]「イベルメクチン及びプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイバランゴールド)」、[3]「イベルメクチン及びプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイマックス)」、[4]「エチプロストントロメタミンを有効成分とする牛の注射剤(プロスタベットC)及び豚の注射剤(プロスタベットS)」、[5]「イベルメクチンを有効成分とする牛の寄生虫駆除剤(アイボメトックトピカル)」、[6]「ノルフロキサシンを有効成分とする鶏の経口投与剤(インフェック10%液)及び豚の経口投与剤(インフェック2%散)」、[7]「ブロチゾラムを有効成分とする牛の注射剤(メデランチル)」[8]「塩酸クレンブテロールを有効成分とする牛の注射剤(プラニパート)」及び [9]「鶏マレック病凍結生ワクチン(ポールバックMDcvi)」)に関する農林水産省からの説明
食品健康影響評価の要請(新開発食品2品目 [1]「モーニングバランス」及び[2]「ユトリアウォーター」)に関する厚生労働省からの説明
食品健康影響評価(農薬「メトコナゾール」について検討し、同日付けで厚生労働大臣に通知)
食品健康影響評価(小麦粉を主たる原材料とし、摂食前に加熱工程が必要な冷凍パン生地様食品については、E.coli陰性の成分規格を適用しないことについて検討し、同日付けで厚生労働大臣に通知)
「食品安全関係府省食中毒緊急時対応実施要綱」及び「食品安全関係府省緊急時対応基本要綱」の改正並びに「緊急対策本部設置要領」について、関係府省内の決裁が終了したことを報告
食品安全委員会食中毒緊急時対応指針の改正について決定
食品安全モニターからの報告について(平成18年3月分)の報告
平成17年度食品健康影響評価技術研究課題の中間評価の結果について報告
平成18年4月20日(木)

食品健康影響評価(農薬「メトコナゾール」について検討し、農薬専門調査会座長を中心に評価書の記述を再検討するとの扱いを決定)
遺伝子組換え食品等専門調査会における審議状況について報告(「チョウ目害虫抵抗性及び除草剤グルホシネート耐性トウモロコシBt10」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
ポジティブリスト制度に係る暫定基準が設定された農薬等の食品健康影響評価の実施方針について報告
平成18年4月13日(木)

食品健康影響評価の要請(新開発食品「アガリクス(カワリハラタケ)を含む製品の安全性」)に関する厚生労働省からの追加説明
食品を介してヒトの健康に影響を及ぼす細菌に対する抗菌性物質の重要度のランク付けについて決定
動物用医薬品専門調査会における審議状況について報告(「エトキサゾール」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
動物用医薬品専門調査会における審議状況について報告(「ドラメクチン」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
「食品安全関係府省食中毒緊急時対応実施要綱」及び「食品安全関係府省緊急時対応基本要綱」の改正並びに「緊急対策本部設置要領(案)」について、関係府省内で決裁後、再度報告することを了承
食品安全モニター課題報告「食品の安全性の確保に関する施策の浸透状況等について」(平成18年2月実施)について報告
平成18年4月6日(木)

食品健康影響評価の要請(農薬「アミスルブロム」)に関する厚生労働省から説明
食品健康影響評価(「コエンザイムQ10」について、情報が不足しているため、事務局において整理して厚生労働省へ照会し、その回答を踏まえて改めて審議する方針を決定)
遺伝子組換え食品等専門調査会における審議状況について報告(「L−グルタミン」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
新開発食品専門調査会における審議状況について報告(「ガイオ タガトース」に関する審議結果について、国民からの意見・情報の募集に着手することを決定)
食品安全委員会の3月の運営について報告
食品健康影響評価の結果に基づく施策の実施状況の調査結果(平成18年4月)について審議
食品に残留する農薬等に関するポジティブリスト制度の導入に関する平成18年度評価依頼予定物質について報告
「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等について報告(平成18年3月分)


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)