食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05661050208
タイトル オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)、食品基準通知(167-21)を公表
資料日付 2021年8月12日
分類1 --未選択--
分類2 --未選択--
概要(記事)  オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)は8月12日、食品基準通知(167-21)を公表した。概要は以下のとおり。
1. 新規申請及び提案
・申請A1212-Aspergillus fijiensis由来の酵素β-フルクトフラノシダーゼ:認可された酵素β-フルクトフラノシダーゼに対して、Aspergillus nigerの更新された名前である新しい供給源の微生物Aspergillus fijiensisを許可する。
・申請A1230-超低エネルギー食(Very Low Energy Diets, VLED)製品:特別医療目的用食品(FSMPs)にVLEDsに適した食品を含めるように食品標準コードを改正する。
・申請A1231-加工助剤(酵素)としての遺伝子組換え(GM)大腸菌由来のマルトース産生αアミラーゼ:GM大腸菌由来のマルトース産生αアミラーゼを、製パン、醸造、デンプン加工における加工助剤として使用することを承認する。
2. 承認及び食品閣僚会議への通知
 FSANZは以下の申請及び提案より生じるバリエーションを承認した。FSANZはこれらの承認を食品閣僚会議へ通知した。
・申請A1214-FSMPに使用するビタミンB3としてのニコチンアミドリボシドクロリド。
・申請A1218-Bacillus subtilis由来のβ-ガラクトシダーゼ(酵素)
 FSANZが食品閣僚会議にその決定を通知した後、60日以内に、承認された基準のレビューをFSANZに要求するか、レビューを要求するつもりがないことをFSANZに通知する。
3. その他
地域 大洋州
国・地方 豪州
情報源(公的機関) 豪州・NZ食品安全庁(FSANZ)
情報源(報道) 豪州・NZ食品基準機関(FSANZ)
URL https://www.foodstandards.gov.au/code/changes/circulars/Pages/Notification%20Circular%20167-21.aspx
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。