食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05550300303
タイトル 米国農務省動植物検疫局(USDA-APHIS)、任意の鹿慢性消耗病(CWD)群認定プログラムの2020年会計年度の年次更新情報を公表
資料日付 2021年2月9日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国農務省動植物検疫局(USDA-APHIS)は2月9日、任意の鹿慢性消耗病(CWD)群認定プログラム(HCP)の2020年会計年度の年次更新情報を公表した。概要は以下のとおり。
1. 任意の群認定プログラムの参加の概要
・現在、28州が任意のCWD群認定プログラムに参加しており、登録群の数は2,145群、そのうち1,723群が当該プログラムの認定ステータスを保有していた。
・登録されたシカ(deer)1,616群のうち、1,297群が認定された。
・登録されたアメリカアカシカ(elk)371群のうち、328群が認定された。
・登録された混合群147群のうち、98群が認定された。
2. 飼育シカ科動物におけるCWD検出の概要
・2020年会計年度に新たに22群がCWD陽性群であると確認された。
・これらの群のうち13群は米国HCPに参加していなかった。
・2群がHCPに登録されていると見なされた。
・7群がHCPで認定されていた。
・群の半分は野生のシカ科動物でCWDが確認された場所から20マイル(約32km)以内にあり、半分はそうではなかった。
3. 州別のCWD群(訳注:各州のCWD陽性群の詳細は省略)
(1)ペンシルベニア州:新たに8群がCWD陽性
(2)アイオワ州:新たに2群がCWD陽性
(3)ミネソタ州:新たに2群がCWD陽性
(4)コロラド州:新たに2群がCWD陽性
(5)ユタ州:新たに2群がCWD陽性
(6)ミシガン州:新たに1群がCWD陽性
(7)モンタナ州:新たに1群がCWD陽性
(8)テキサス州:新たに1群がCWD陽性
(9)カンザス州:新たに1群がCWD陽性
(10)オハイオ州:新たに8群がCWD陽性
4. 研究
・遺伝的特徴とCWD感受性との関連を調査する全ゲノム研究が公表された。
・遺伝的予測モデルのブラインド検証はほぼ完了している。
・RT-QuIC(Real-time quaking-induced conversion)を用いた組織検体の検査のために、米国農務省農業研究局(ARS)、米国地質研究所(USGS)、ウィスコンシン大学、米国衛生研究所(NIH)と協力して、標準化プロトコルが開発された。
・標準化プロトコルを利用したRT-QuICの感度及び仕様を決定するための研究が間もなく開始される。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国農務省動植物検疫局(APHIS)
情報源(報道) 米国農務省動植物検疫局(APHIS)
URL https://www.aphis.usda.gov/aphis/ourfocus/animalhealth/animal-disease-information/cervid/voluntary-cwd-hcp-annual-update-fy2020
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。