食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05530300495
タイトル ノルウェー食品安全庁(NFSA)、ヘラジカで新たに非定型の鹿慢性消耗病(CWD)が検出されたと公表(2021年1月7日時点)
資料日付 2021年1月7日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ノルウェー食品安全庁(NFSA)は1月7日、ヘラジカで新たに非定型の鹿慢性消耗病(CWD)が検出されたと公表した(2021年1月7日時点)。概要は以下のとおり。
 非定型CWDが確認されたのは、Bamble(訳注:ノルウェー南部、Vestfold og Telemark県の自治体)のヘラジカ(1頭)である。ノルウェー国立獣医学研究所(NVI)によれば、当該ヘラジカは同地においてクリスマスシーズン中に殺処分されており、検査結果は非定型CWDであった。
 非定型CWDは、伝染性ではないと考えられるCWDである。毎年複数例が検出されると予見されることから、今回の検出は驚きではない。
 2016年以降、NFSAのCWDモニタリングプログラムにおいてCWD検査が行われたシカ科動物の数は122,000頭を超える。
 CWDはシカ科動物にとっては致命的であるが、動物又は肉を介してヒトが感染した例はない。
 非定型CWDは生体間では伝播しないと考えられている。この点はノルウェーの野生のトナカイ及び北米のシカで検出されたCWDとは異なる。
 ノルウェーでは現時点で、ヘラジカ7頭及びシカ1頭で非定型CWDが確認されている。
地域 欧州
国・地方 ノルウェー
情報源(公的機関) ノルウェー食品安全庁(NFSA)
情報源(報道) ノルウェー食品安全庁(NFSA)
URL https://www.hjortevilt.no/funn-av-atypisk-skrantesjuke-hos-elg-i-bamble/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。