食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05530090108
タイトル 米国環境保護庁(EPA)、透明性の向上及び負担軽減のために、特定の農薬の製品性能要件を成文化することを提案
資料日付 2021年1月7日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国環境保護庁(EPA)は1月7日、透明性の向上及び負担軽減のために、特定の農薬の製品性能要件を成文化することを提案した。
 EPAは、特定の病害生物(pests)に対する有効性を主張する製品の性能データの要件を成文化して、EPAの承認プロセスの効率を高め、登録者の時間及び費用を減じることを提案した。
 製品性能基準によって、農薬登録者は、農薬製品が主張どおりに機能することを証明するためにEPAに提出しなければならない有効性データについて、より簡単に知ることができる。EPAの当該規則案を通じて、EPAは2018年の農薬登録改善延長法(PRIA 4)の要件を満たす。当該措置はまた、特定の無脊椎動物の病害生物に対するEPAの製品性能基準要件を連邦規則集(CFR)に公式に組み込んでいる。
 これらの要件をCFRに追加することにより、EPAは提出されたデータが政府機関のニーズと科学的基準を確実に満たすように支援する。当該規則案が最終決定された場合、無駄で不要な試験を削減することにより、登録者はEPAに提出したデータ一式につき約17,000ドル節約できる。
 本日の提案は、無脊椎動物の病害生物の3つのカテゴリーに適用される。
?公衆衛生上重要であると特定されたもの(例:ダニ、蚊、ゴキブリ等)
?木材を破壊する昆虫(例:シロアリ)
?特定の侵入性無脊椎動物種(例:ツヤハダゴマダラカミキリ(Asian long-horned beetle)
 意見募集は60日間である。関連文書は以下のURLから、docket番号「EPA-HQ-OPP-2020-0124」を検索して入手可能。
https://www.regulations.gov/
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/環境保護庁(EPA)
情報源(報道) 米国環境保護庁(EPA)
URL https://www.epa.gov/pesticides/epa-proposes-codify-certain-pesticide-product-performance-requirements-improve-clarity
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。