食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05520440164
タイトル オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)、オランダの2019年における食品由来病原体による疾病負荷について公表
資料日付 2020年12月16日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は12月16日、オランダの2019年における食品由来病原体による疾病負荷について公表した。概要は以下のとおり。
 RIVMは毎年、胃腸に感染する14種の病原体によってどの程度の人が罹患及び死亡するのかを調査している。これは疾病負荷と呼ばれ、疾患によって失う又は通常より早期に死亡した人が失った健康的な生活年数についての国際的な指標であるDALYs(障害調整生存年)で表される。
 14種の病原体は、食品(これらの病原体感染の約40%を占める)だけでなく環境(例えば表層水を介して)、動物及び他人を介して体内に侵入することがある。感染経路の割合は病原体によって異なる。これら14種の病原体の2019年のDALYsの合計は、2018年及び2017年(11,000DALYs)と同程度であった。2019年の食品を介した感染症のDALYsは4,200と推定され、2018年(4,300)よりわずかに減少した。
 これらの感染症の疾病負荷による総費用は4億2,300万ユーロと推定され、2018年(4億2,600万ユーロ)よりも低い。この費用には、直接的な医療費、交通費を含む患者及びその家族のための費用、欠勤による費用などの他の費用が含まれる。
 食品が原因の感染症の疾病負荷による費用はわずかに上昇した。2018年は1億7,100万ユーロであったのに対して、2019年は1億7,400万ユーロであった。DALYs及び費用の差は、一部の病原体による感染症数が変化したことが主な原因である。これらの病原体は主に、ノロウイルス、ロタウイルス、クリプトスポリジウム及びカンピロバクター属菌である。
 RIVMは保健福祉スポーツ省(VMS)の委託を受けてこの調査を実施した。この結果はオランダ人の食品由来感染症の疾病負荷とばく露経路をより深く理解するための助けとなる。当該報告はまた長期的な変化についても明らかにしている。
 当該報告書(52ページ、英語)は下記URLから入手可能。
https://www.rivm.nl/bibliotheek/rapporten/2020-0117.pdf
地域 欧州
国・地方 オランダ
情報源(公的機関) オランダ/公衆衛生・環境保護研究所(RIVM)
情報源(報道) オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)
URL https://www.rivm.nl/publicaties/disease-burden-of-food-related-pathogens-in-netherlands-2019
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。