食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04870770493
タイトル 台湾衛生福利部食品薬物管理署、日本産食品の輸入管理措置及び食品安全評価を厳しく実施している旨公表
資料日付 2018年1月29日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  台湾衛生福利部食品薬物管理署は1月29日、日本産食品の輸入管理措置及び食品安全評価を厳しく実施している旨公表した。概要は以下のとおり。
 同署は市民の健康を保護するという責務に基づき、日本産食品の輸入管理措置及び食品安全評価を厳しく実施している。2011年3月26日以降、福島県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の全製品について、食品輸入検査申請を一時停止する規制措置を講じている。
 2018年1月25日までに、放射性物質の残留量を検査した製品は計115,653検体で、その結果はいずれも台湾の規定に適合している。わずか220検体のみ、微量の放射性物質が検出されたが、いずれも台湾の基準値を超過していない。同署はWeb上の「最新食品放射性物質モニタリング専用サイト」において、各種食品の最新のモニタリングデータを更新している。
地域 アジア
国・地方 台湾
情報源(公的機関) 台湾衛生福利部食品薬物管理署
情報源(報道) 台湾衛生福利部
URL https://www.mohw.gov.tw/cp-16-39401-1.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。