食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04860220149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、EFSAの残留農薬摂取量算出モデル改訂3の使用方法に関する手引書を公表
資料日付 2018(平成30)年1月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は1月15日、EFSAの残留農薬摂取量算出モデル(Pesticide Residue Intake Model: PRIMo)改訂3の使用方法に関する手引書(2017年12月19日採択、43ページ、doi: 10.2903/j.efsa.2018.5147)を公表した。概要は以下のとおり。
1. EFSAのPRIMo(エクセルを用いた計算表)は2007年以来、規則(EC) No 396/2005に基づく農薬の残留基準値の設定及び検証の枠組み、また、規則(EU) No 1107/2009に基づく農薬のピアレビューにおいて、残留農薬の食事経由リスクの評価を欧州連合(EU)規模で行うために用いる標準的なツールになっている。
2. このモデルは、若干の最近の食品喫食調査から得た食品喫食データに関して今般更新された。更に、このツールをより使い易くし、また、食事経由リスクの評価を行う作業の流れにEFSAのPRIMoを自動的に組み込めるようにするため、計算表に新しい機能が追加された。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.2903/j.efsa.2018.5147/pdf