食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01120480344
タイトル ベルギー連邦フードチェーン安全庁(AFSCA)、と畜の国内限定指定処分を停止
資料日付 2005年10月4日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ベルギー連邦フードチェーン安全庁(AFSCA)は、違法な畜産業者のと畜を国内に限定する処分を停止する旨を公表した。
 今年5月、牛の肥育用「香草混合物」を輸入、流通及び使用するネットワークの存在が発覚した。この混合物を分析した結果、ホルモン法で牛の肥育目的での使用が禁止されているデキサメタゾンが含まれていることが判明した。
 AFSCAは67農場に立ち入り検査を実施、そのうちの38農場でデキサメタゾンが肥育用に使用されていたことを確認した。この分野の規制に従って、これらの農場を「ステイタスH」(statut H)に指定した。「ステイタスH」とは、飼育業者が販売する家畜のと畜場所がベルギー国内に限定されることを意味する。この指定を受けると、と畜時に10頭につき1頭にホルモン検査が課される。残留物質の検査に関するEU指令が適用され、と畜場での検査が強化される。
 「ステイタスH」の指定を受けた農場の多くが、この措置を急速審理(迅速に裁判を得ることができる対審手続き)で民事裁判所に訴えた。数週間前から複数のオルドナンス(急速審理命令)が出され、AFSCAはこの指定を解除せざるを得なくなった。控訴を検討しているが、当座はオルドナンスに従って指定処分を停止する。
地域 欧州
国・地方 ベルギー
情報源(公的機関) ベルギー連邦フードチェーン安全庁(AFSCA)
情報源(報道) AFSCA
URL http://www.favv-afsca.fgov.be/portal/page?_pageid=34,49056&_dad=portal&_schema=PORTAL&_piref34_73620_34_49056.next_page=htdocs/persberichten/PersberichtDetailRecent.jsp&_piref34_73620_34_49056.seq=509&_piref34_73620_34_49056.archive=0
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。