食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01120150316
タイトル ドイツ連邦消費者保護食品安全庁(BVL)、「動物由来食品の全国残留物質管理計画・年報2004」を公表
資料日付 2005年10月4日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ドイツ連邦消費者保護食品安全庁(BVL)は、「動物由来食品の全国残留物質管理計画・年報2004」を公表した。当該計画は1989年からEU加盟国で(統一基準により)実施されているもので、BVLは連邦州が実施した検査結果を集計し、データの概要を欧州委員会に報告する。検査及び結果の概要は以下のとおり。
1.検査概要
(1)検査対象 46,315件 (内訳:牛14,922件、豚21,830件、めん羊416件、馬102件、家きん5,449件、養殖水産物437件、兎11件、狩猟鳥獣175件、乳1,883件、卵911件、蜂蜜176件)
(2)検査総数 351,234件 
(3)検査物質 540種
2. 検査結果
(1)ホルモン活性物質:未検出
(2)動物用医薬品
①抗生物質:12,630件中、30件(0.24%)で規制値を超過
②クロラムフェニコール:7,673件中、8件(牛5件、豚1件、雌鶏2件)で検出
③ラサロシド:卵226件中、6件(2.7%)で検出
④ジクラズリル:卵52件中、5件(9.6%)で検出
⑤フェニルブタゾン:4,323件中、4件(牛3件、豚1件)で検出
(3)重金属及び有機塩素化合物
①DDT、リンデン、γ-HCH、β-HCHを検出、イノシシ97件中4件で規制値を超過。
②カドミウム:めん羊27件中3件(11%)、牛361件中3件(0.8%)で、規制値を超過
③マラカイトグリーン:マス3.8%で検出
④ダイオキシン:卵158件に問題はなかった(露地飼い鶏卵3件で
3ngWHO-PCDD/F-TEQkg脂肪を超過していたが、この規制値は2004年末までの例外措置として、露地飼い鶏卵には適用されない。)
 「年報2004」(検査結果概要)は、以下のURLから入手可能。(http://www.bvl.bund.de/cln_007/nn__491658/DE/01__Lebensmittel/01__Sicherheit__Kontrollen/04__NRKP/01__berichte__nrkp/nrkp__bericht__2004.html)
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁(BVL)
情報源(報道) (独)BVL連邦消費者保護食品安全庁
URL http://www.bvl.bund.de/cln_007/nn_495478/DE/08__PresseInfothek/01__InfosFuerPresse/01__Presse/01__Presseinformation/Rueckstaende/NRKP__2004__TAM__Rueckstaende.html__nnn=true
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。