食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01100140305
タイトル EU、動物用医薬品アセチルイソバリルタイロシンとフルアズロンの食品中における最大残留基準に関するEU規則
資料日付 2005年9月21日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  動物用医薬品アセチルイソバリルタイロシンは、従来、鶏の皮及び脂肪・肝臓に関して暫定的な最大残留基準(MRL)が定められていたが、実験結果から改めて最大残留基準を正式に決定した。また、動物用医薬品フルアズロンに関して最大残留基準を設定するよう申請があったため、暫定最大基準を設定し、後の実験結果を待って正式な基準を設定することにした。
①アセチルイソバリルタイロシン(抗生物質)
対象動物・・・鶏(ただし、人間の消費用卵を生産する種類は対象外)
MRL:皮及び脂肪(50μg/kg)、肝臓(50μg/kg)
②フルアズロン(抗寄生虫薬)
対象動物・・・牛(ただし、人間の消費用牛乳を生産する種類は対象外)
暫定MRL:筋肉(200μg/kg)、脂肪(7,000μg/kg)、肝臓(500μg/kg)、腎臓(500μg/kg)
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州連合(EU)
情報源(報道) EU
URL http://europa.eu.int/eur-lex/lex/LexUriServ/site/en/oj/2005/l_244/l_24420050920en00110012.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。