食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01040430361
タイトル 台湾行政院衛生署、「食品器具容器包装衛生基準」を改正
資料日付 2005年7月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  台湾行政院衛生署は7月15日、「食品器具容器包装衛生基準」を改正した。(同日施行)
 今回の改正は、食品器具容器包装の衛生面における管理を強化し、かつ、行政機能を高めることにある。改正点は以下の通りである。
1.食品器具容器包装の外観性状に関する規定を加える。
 第3条を新たに追加し、条文を「食品器具、容器及び包装には、不良な変色、異臭、異味、汚染、かびの発生、異物含有又は繊維の剥離があってはならない。」とする。(現行基準第3条第1項中にあった文言をそのまま移動。)
2.新たに策定した第3条との重複を避けるため、現行基準中の紙類の外観性状に関する規定を削除する。
 草案は6月15日に公布され、6月30日まで意見募集がなされていたが(既報)、草案からの変更点はなかった。
 参考:改正前の「食品器具容器包装衛生基準」(Sanitary Standard for Food Utensils, Containers and Packages)(行政院衛生署。英語版)(「食品衛生基準」(Food Sanitary Standards)のNo.8に分類されている)
(http://food.doh.gov.tw/chinese/ruler/hygiene_standed_e2.htm#2)
地域 アジア
国・地方 台湾
情報源(公的機関) 台湾行政院衛生署
情報源(報道) 台湾行政院衛生署
URL http://www.doh.gov.tw/cht/content.aspx?doc_no=41664
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。