食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01020710344
タイトル 黄色ブドウ球菌・セレウス菌
資料日付 2005年7月28日
分類1 -
分類2 -
概要(記事) [発生日]7月23日夜
[場所]ベルギー北部Brasschaatの軍事基地
[原因食品]ジャガイモサラダ・さまざまな種類の肉
[病原物質]黄色ブドウ球菌・セレウス菌
[内容]AFSCA(ベルギー連邦フードチェーン安全庁)はBrasschaatで発生した食中毒(バーベキューに参加した70人のうち、22人が食中毒の症状を示した)の分析結果を公表した。ベルギーでは、2003年夏にLimbourgでセレウス菌による食中毒が発生しており、被害を受けた5人のうち1人(子供)が死亡した。この種の事故は、大抵コールドチェーンが維持されていないことが原因で起こる。AFSCAは、生肉と加熱済みの肉を別々の皿に盛るなど、野外で食事する際に注意すべき点を「報告(Bulletin)」(ホームページから入手可)最新号に掲載している。
地域 欧州
国・地方 ベルギー
情報源(公的機関) ベルギー連邦フードチェーン安全庁(AFSCA)
情報源(報道) AFSCA
URL http://www.favv-afsca.fgov.be/portal/page?_pageid=34,49056&_dad=portal&_schema=PORTAL&_piref34_73620_34_49056.next_page=htdocs/persberichten/PersberichtDetailRecent.jsp&_piref34_73620_34_49056.seq=492&_piref34_73620_34_49056.archive=0
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。