食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01020080105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)の動物医薬品センター(CVM)は食肉、家きん肉、シーフード他動物由来食品中の違法残留医薬品に関する規則遵守プログラムを導入
資料日付 2005年8月1日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  このプログラムは食肉、家きん肉、シーフード他動物由来食品中の残留医薬品検査の重要点、技術的情報、規則違反調査のため、米国食品医薬品庁(FDA)、農務省(USDA)、食品安全検査局(FSIS)から定期的に報告される情報等、現場調査のための総合的な枠組みを提供するために策定された。動物組織への残留医薬品を検出することにより違法薬品の販売・使用、家畜飼料の交差汚染、薬物混入飼料の誤使用などを明らかにする。安全な食肉と家きん肉の供給を保護することについては、USDAのFSIS,動植物検疫局(APHIS)、FDAと環境保護局(EPA)が分担して責任を担っているが、2002年に蜂蜜生産に医薬品が使用されていることが判明したことで、消費者の食品中の残留医薬品暴露に対する懸念が大きくなっており、この懸念に対応するため規則遵守プログラムが拡充された。CVMは当該プログラムのより一層の改善を目指し、連邦・州政府調査官の訓練プログラム、FDA、FSIS、APHISなど関係省庁と州との連携会合を計画している。
 当該プログラムのガイダンスマニュアルはPDFファイルで122ページ。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) FDA-CVM
URL http://www.fda.gov/cvm/Documents/7371-006.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。