食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01010140330
タイトル 6月の英国における食品由来の疾病報告数
資料日付 2005年7月14日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  英国健康保護局(HPA)が7月14日に発行したCDRウィークリー15巻28号によれば、6月における複数個所での発症例(General outbreak)として報告された食品由来疾病は、次の2例であった。
①ニューカッスル地区のレストラン、Salmonella Enteritidis PT6による食中毒で3名が発症
②リーズ地区のレストラン、Campylobacterによる食中毒で3名が発症
 また、5月にHPAに記録されたイングランド、ウエールズ地区のサルモネラ症は567件で、その血清型は、S.Enteritidis (PT4)が55件、S.Enteritidis (other PTs)が219件、S.Typhimuriumが76件、S.Virchowが31件,その他186件であった。
 さらに、イングランド及びウエールズ地区の2005年6月の一般腸内細菌感染症は、細菌別に見るとカンピロバクターによる症例が一番多く3,954件、次にサルモネラによるものが758件であった。6月末までの2005年累計では、カンピロバクターが17,848件で2004年同期の22,652件をかなり下回った。また、サルモネラも2005年累計は3,655件で2004年同期の4,282件に比べ大幅にダウンしている。
地域 欧州
国・地方 英国
情報源(公的機関) 英国健康保護局(HPA)
情報源(報道) CDRWeekly
URL http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/2005/cdr2805.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。