食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01000250328
タイトル 英国のBSE対策(EUへの月次報告-2005年5月)
資料日付 2005年7月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  英国環境・農業・農村地域省(DEFRA)は、英国におけるBSE対策の欧州連合(EU)に対する月次報告(2005年5月分)をしたことをホームページに発表した。
 報告書は、従来の形式にしたがってパッシブサーベイランス及びアクティブサーベイランスの結果、1996年1月1日以降の出生牛におけるBSE発生頭数、vCJD患者数、SRMに関する報告、牛由来製品の輸出に関する報告のほか、今回は、30ヶ月齢を超える牛のと畜計画の実施状況の報告及び肉骨粉等の禁止された原料に関する飼料検査の実態が報告されている。
 飼料検査においては、2001年、2002年、2003年に集められた総計24,072サンプルについて実施されたが、禁止されたたん白部分の飼料中の含有は、99.7%陰性であったと報告されている。
 2005年のBSE発生は、2005年5月31日までの英国全土の累計で、パッシブサーベイランスで15頭、アクティブサーベイランスで88頭、合計103頭と報告されている。2004年の同期間の発生頭数は151頭であったと報告されている。
地域 欧州
国・地方 英国
情報源(公的機関) 英国環境・食料・農村地域省(DEFRA)
情報源(報道) DEFRA
URL http://www.defra.gov.uk/animalh/bse/publications/commreport86-may05.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。