食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01000160450
タイトル オランダ、クロストリジウム・ディフィシル関連下痢症が多発
資料日付 2005年7月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  Eurosurvellanceからの情報提供。
 オランダでは4月~7月、クロストリジウム・ディフィシル関連下痢症(CDAD)が多発しており、患者10,000人当たりの入院率が2004年の4人から83人に増加した。
 英国及びカナダで発生したCDADと同じ株(ribotype 027/ toxinotype III)が分離された。オランダ国内の別々の3か所の病院で発生したもので、ヒト-ヒト感染の事例もあり、原因については調査中のものもある。
 最近の調査によれば、オランダでは抗生物質のヒトへの投与が欧州で最も少なく、そのためCDADの発生は他国より少ないと記載されている。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) -
情報源(報道) Eurosurveillance
URL http://www.eurosurveillance.org/ew/2005/050714.asp#1
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。