食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00990550149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、肥育用鶏用飼料添加物として使用される酵素製剤Econase Wheat Plusに関する科学パネルの意見書
資料日付 2005年7月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  Econase Wheat Plusは、Trichoderma reeseiが生成する酵素(endo-1,4-beta-xylanase及びendo-1,3(4)-beta-glucanase)を主成分とする飼料添加物である。
 2002年10月に、欧州食品安全機関(EFSA)動物栄養科学委員会(SCAN)により、Econase Wheat Plusの安全性評価(消費者、使用者及び環境)が行われたが、実験に不備があったため、安全性の評価には、肥育用鶏でのさらなる負荷試験の必要性が指摘されていた。
 3,360羽の肥育用鶏で、35日間にわたり、最大推奨量のキシラナーゼと最大推奨量の10倍量のグルカナーゼを与える負荷試験を行ったところ、成長率、死亡率などに悪影響は見られなかった。また、軟骨形成異常も観察されなかった。それゆえ、科学パネルは、Econase Wheat Plusの肥育用鶏への使用は安全であることが示されたとしている。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) EFSA
URL http://www.efsa.eu.int/science/feedap/feedap_opinions/1012/feedap_op_ej231_econasewheatplus_en1.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。