食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00990540149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、アヒル用飼料添加物に使用される酵素製剤RoxazymeR G2に関する科学パネルの意見書
資料日付 2005年7月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は、アヒル用として使用する飼料添加物RoxazymeR G2の安全性に関して評価するよう欧州委員会から要請を受けた。RoxazymeR G2は、Trichoderma longibrachiatumが生成する 酵素(endo-1,4-beta-glucanase、endo-1,3(4)- beta-glucanase及びendo-1,4-beta-xylanase)から作られた飼料添加物であり、消化率の改善を目的としたものである。当該製品は、すでに肥育用鶏、肥育用七面鳥、産卵用鶏及び子豚用への使用が認可されている。
 最大推奨量の10倍量を与える負荷試験を5週間行ったところ、対象動物の健康や成長率に悪影響は見られなかった。それゆえ、RoxazymeR G2のアヒルへの使用は、安全であると判断する。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) EFSA
URL http://www.efsa.eu.int/science/feedap/feedap_opinions/1013/feedap_op_ej_232_roxazymeg2ducks_en1.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。