食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00990320111
タイトル カナダ、BSEセーフガード措置の違反に罰金制度を導入
資料日付 2005年7月5日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ食品検査庁(CFIA)は7月5日、農産食品行政罰金規則(Agriculture and Agri-Food Administrative Monetary Penalties (AMPs) Regulations)の改正に伴い、BSEセーフガード措置(フィードバン及び食用牛肉からの特定危険部位(SRM)の除去等)に違反した場合の行政措置が強化されたことから、関係者にその内容を周知させる目的のニュースリリースを行った。
 この改定規則は2005年6月29日付のガッゼトⅡ(Vol. 139, No. 13 )に掲載され、同年7月9日から発効するものである( SOR/2005-190)。
 これまでは、カナダで実施されているBSEセーフガード措置に違反し場合に、CFIAが行える行政措置は警告と差押さえに限られていたが、規則改正によりCFIAは罰金を科すことが出来るようになった。罰金は違反の具体的事実に応じてVery serious、 Seriou、Minorに分類されており、100ないし400ドルの罰金が科せられる。
 なお、カナダのBSEセーフガード措置の詳細は次のURLから入手可能。Http://www.inspection.gc.ca/english/anima/heasan/disemala/bseesb/bseesbfs2e.shtml
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ食品検査庁(CFIA)
情報源(報道) カナダ食品検査庁
URL http://www.inspection.gc.ca/english/corpaffr/newcom/2005/20050705be.shtml
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。