食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00990160111
タイトル カナダ、養殖魚のマラカイトグリーンモニタリングを強化
資料日付 2005年7月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ食品検査庁(CFIA)は7月6日、国産および輸入養殖魚に対するマラカイトグリーン(MG)およびロイコマラカイトグリーン(LMG)のモニタリングを強化するとの情報公示を行った。(LMGはMGの代謝産物で、MGが組織中に検出されなくなった後も長期間検出される)
 CFIAの通常検査では国内の養殖産業でMGの使用が広まっているような結果が示されていなかった。しかし最近、微量のMG,LMGがブリテイッシュコロンビア州、オンタリオ州の養殖のサケやマスから少数例検出されたことを踏まえ、サンプリング量を倍増してモニタリングを行うこととした。検出された場合は差し押さえなどにより、流通経路に入るのを阻止する。また大洋漁業省と協力して、2005年6月から天然魚についても調査を行っているが現在までのところ、MGは検出されていない。
 MGは1992年までは魚卵や魚類の抗カビ剤として使用されていたが、それ以後使用が禁止されている。
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ食品検査庁(CFIA)
情報源(報道) カナダ食品検査庁
URL http://www.inspection.gc.ca/english/corpaffr/newcom/2005/20050706e.shtml
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。