食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00980410297
タイトル OIE Disease Information 7月1日付 Vol.18 No.26
資料日付 2005年7月4日
分類1 -
分類2 -
概要(記事) ①ニカラグアの豚コレラ:養豚場1か所で発生。105頭に症状、75頭が死亡(6月24日受信)
②ベトナムの高病原性鳥インフルエンザ続報14号:6月10日に新規発生(前回発生2月末以来)。6,000羽が死亡、残り全700羽を殺処分。H5と同定(6月25日受信)
③日本の鳥インフルエンザ:茨城県の養鶏場で発生。4月から産卵率低下、死亡率若干増加、6月24日に低病原性H5N2を確認(6月27日受信)
④中国の牛口蹄疫続報3号:その後北京市で発生。4頭に症状、全263頭を殺処分。Asia1型と同定(6月27日受信)
⑤米国のBSE:1997年8月の肉骨粉給餌禁止令以前に生まれた雌牛。2004年11月に歩行困難牛として迅速検査を実施したが結論が出ず、IHC検査で陰性。6月に英国ウェイブリッジのOIE委託試験所でのウェスタンブロット及びIHC検査ともに陽性(6月27日受信)
⑥インドネシアの高病原性鳥インフルエンザ続報9号:その後9か所で発生。採卵鶏、ブロイラー、家きん類計12,953羽に症状、全羽死亡。H5N1と同定(6月27日受信)
⑦米国の水疱生口炎続報8号:その後2か所で発生。馬1頭、牛1頭に症状。補体結合検査で陽性(6月28日受信)
⑧フィンランドの流行性出血壊死続報1号(最終報告):ヨーロッパナマズ50尾が死亡し、残りの全尾を殺処分。水槽を消毒後別種の魚を養殖し、検査で陰性(6月30日受信)
⑨ロシアの口蹄疫続報1号:牛42頭に症状、全213頭を殺処分。Asia 1型と同定(6月30日受信)
⑩タイの高病原性鳥インフルエンザ続報59号:4月22日以降発生なし(7月1日受信)
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 国際獣疫事務局(OIE)
情報源(報道) OIE
URL http://www.oie.int/eng/info/hebdo/a_current.htm
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。