食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00940090104
タイトル 米国疾病予防センター(CDC)による調査:1984~2002年間のサルモネラ感染集団発生の入院状況及び抗菌剤耐性サルモネラ
資料日付 2005年6月2日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国疾病管理予防センター(CDC)は、抗菌剤耐性サルモネラが増加しているため、サルモネラによる1984~2002年間の集団発生状況を調査した。
 米国で発生した32件の内10件が抗菌剤耐性Nontyphoidalサルモネラによるもので、発症者13,286人の22%が入院していた。対照的に22件の汎感受性(pansusceptible)サルモネラによる発症では2,194人の8%が入院していた(p<0.01)。死亡率の差は0.1%と0.06%であった。サンプルの偏りなどこの研究には限界があるが、従来からある抗菌剤耐性サルモネラ菌中毒の重篤性を示唆するデータに追加されるものになると考えられる。
 CDCのEmerging Infectious Diseases Vol. 11, No. 6, June 2005に掲載。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/疾病管理予防センター(CDC)
情報源(報道) Emerging Infectious Diseases
URL http://www.cdc.gov/ncidod/EID/vol11no06/pdfs/04-1231.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。