食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00930350314
タイトル ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)はエコ農業における遺伝子組換え体汚染の検査法について調査し、報告書をまとめた
資料日付 2005年5月31日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  現行のECエコ規則(2092/91/EEC)※1では、エコ農業※2で遺伝子組換え体(GMO)及びその派生物を使用してはならない。連邦エコ農業計画※3の調査プロジェクト「エコ農業におけるGMO禁止のための検査法の実行可能性」の一環で、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は検査機関GfRS(資源保護有限会社)と共同で、現在ドイツで実施している検査法の弱点を調査し、改善のための提言をまとめた。
 調査では様々な食品、飼料でGMO汚染の検査を行った。GMOが混在するリスクのある物質(従来農業製品)のリストを作成し、また新たな検査機器、サンプリング、分析法、企業を検査するための検査体系などについて提言している。
 最終報告書①および、検査機関・検査官のためのハンドブック②が以下のURLから入手可能。
http://orgprints.org/3257/01/3257-02OE072-ble-bfr-2003-schlussbericht-gvo-verbot.pdf
http://orgprints.org/3257/02/3257-02OE072-ble-bfr-2003-handbuch-gvo-verbot.pdf
※1:ECエコ規則(2092/91/EEC):有機農業に関する理事会規則(EEC)2092/91
※2:「エコ農業」:環境に留意し適切な家畜飼育法による持続的な農業形態のこと
※3:連邦エコ農業計画(http://www.bundesprogramm-oekolandbau.de/)。同計画のため連邦政府は2001年~2007年の間、毎年2,000ユーロを拠出する。
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
情報源(報道) (独)BfR連邦リスク評価研究所
URL http://www.bgvv.de/cm/208/kontrolle_des_gvo_verbots_im_oekolandbau.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。