FSCViews

食品安全委員会e-マガジン第395号


食品安全委員会e-マガジン第395号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内閣府 食品安全委員会e-マガジン 第395号 平成27年1月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(今号の総文字数:約4,700字)

┏━━━━━┓
┃今週の話題┃
┗━━━━━┛

★食品安全行政に皆さんの声を!「食品安全モニター」募集中
http://www.fsc.go.jp/monitor/2612/27monitor-boshu.html

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
【 目 次 】
1.食品安全委員会の開催結果
第544回食品安全委員会

★評価の要請
・プリオン1案件

★評価結果の通知
・添加物「グルコン酸亜鉛」
・添加物「ケイ酸カルシウム」
・農薬及び動物用医薬品「デルタメトリン及びトラロメトリン」

2.食品安全委員会などの開催案内
・第544回食品安全委員会
・専門調査会

3.リスクコミュニケーション

4.お知らせ(食品安全等に関するメールマガジンのご案内)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
━━━━━━━━━━━━━━━━
1.食品安全委員会の開催結果
━━━━━━━━━━━━━━━━
■第544回食品安全委員会
日時:平成27年1月13日(火) 14:00~14:32
傍聴者:9名
議事概要:
(1)食品安全基本法第24条の規定に基づく委員会の意見の聴取に関
するリスク管理機関からの説明について
・プリオン1案件
・スウェーデンから輸入される牛肉及び牛の内臓について
・厚生労働省から説明
・本件については、プリオン専門調査会において審議することとな
った。
(2)食品安全基本法第24条の規定に基づく委員会の意見について
【食品健康影響評価】
以下の審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省及び農林
水産省)へ通知することとなった。
[1]添加物「グルコン酸亜鉛」
・グルコン酸亜鉛の病者用総合栄養食品摂取者及び一般摂取者の
両者に対する亜鉛の摂取量に関する上限値を
0.63 mg/kg 体重/日(亜鉛として)と設定する。
また、一般摂取者に対しては、通常の食事から摂取されている亜鉛
の量を考慮し、亜鉛の摂取が過剰にならないよう、適切な注意喚起
が行われるべきである。
なお、病者用総合栄養食品摂取者及び一般摂取者の両者に対する亜
鉛の摂取量に関する上限値は、18歳以上の成人を対象としたもので
ある。亜鉛は生物学的に必須な栄養成分ではあるが、小児、乳児、
妊婦及び授妊婦の亜鉛の摂取が過剰にならないよう、適切な注意喚
起が行われるべきである。
[2]添加物「ケイ酸カルシウム」
・添加物として適切に使用される限りにおいて、安全性に懸念がな
いと考えられ、一日摂取許容量を特定する必要はない。
[3]農薬及び動物用医薬品「デルタメトリン及びトラロメトリン」
・デルタメトリン及びトラロメトリンのグループ一日摂取許容量を
0.0075 mg/kg 体重/日、
グループ急性参照用量を0.01 mg/kg 体重と設定する。

*[1]栄養強化剤として使用されます。
*[2]固結防止剤、担体等として使用されます。
*[3]殺虫剤で、りんご、なし等に使用します。なばな及びぶどう
への適用拡大申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴
う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されています。また、飼料中
の暫定基準が設定されています。デルタメトリンは、動物用医薬品
としても用いられます。

(注)*の記述は、物質の概要です。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20150113sfc

━━━━━━━━━━━━━━━━
2.食品安全委員会などの開催案内
━━━━━━━━━━━━━━━━
■第545回食品安全委員会
日時:平成27年1月20日(火) 14:00~
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成27年1月15日(木) 15:00頃にホームページに掲載予定

■専門調査会【動物用医薬品】【栄養成分関連添加物WG】

○第175回動物用医薬品専門調査会
日時:平成27年1月15日(木) 14:00~
議題:(クロサンテル、フルアズロン)
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai175.html

○第1回栄養成分関連添加物ワーキンググループ
日時:平成27年1月19日(月) 14:00~
議題:
(1)栄養成分関連添加物ワーキンググループの設置経緯について
(2)専門委員・専門参考人紹介及び座長の選出
(3)亜セレン酸ナトリウムに係る食品健康影響評価について
http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_tenkabutu_eiyoseibun_annai1.html

○第118回農薬専門調査会幹事会
日時:平成27年1月21日(水) 14:00~
議題:(アシベンゾラル-S-メチル、ダゾメット、メタム及びメチル
イソチオシアネート、フェンメディファムほか7品目)
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_118.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. リスクコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品のリスクを考えるフォーラム

~遺伝子組換え食品について学ぼう~
■意見交換会の開催案内
・熊本県
日時:平成27年1月30日(金) 13:30~16:30
場所:熊本県八代地域振興局 大会議室
http://www.fsc.go.jp/koukan/annai/risk_kumamoto_gmforum_annai261127.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.お知らせ(食品安全等に関するメールマガジンのご案内)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■食品安全エクスプレス(毎日)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/johokan/mail_magagine.html

■農林水産省メールマガジン
(農林水産省の動き、施策の紹介、新着情報等)の配信登録をされる
方は、こちらからお願いします。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html#a2
バックナンバーはこちら
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

■東北農政局メールマガジン
http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

■関東農政局では、行政情報・地域の食と農のイベント情報等など
の話題をタイムリーにお知らせするためメールマガジンを発行して
おります。
配信を希望される方は、こちらからお願いします。
http://www.maff.go.jp/kanto/houdou/kouhou/merumaga/index.html

■北陸農政局メールマガジン「あぐり北陸」
(配信登録をされる方はこちらからお願いします。)
http://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/agrihokuriku.html

■東海農政局メールマガジン「とうかいほっとメール」
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

■近畿農政局メールマガジン「近畿アグリレター 」
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

■中国四国農政局メールマガジン「中国四国あぐりレター 」
http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html

■九州農政局では、地域で食料・農業・農村の振興や活性化に取り
組んでいる皆さんに、農林水産行政に関する情報や農林水産業に関
する情報をお届けするメールマガジンを発行しております。
配信を希望される方は、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/kyusyu/mailmagazine/index.html

■沖縄総合事務局メールマガジン「おきなわAFFメール」
http://ogb.go.jp/nousui/nousui_mail.html

◆◇◆―――――――――――――――――――――――――――
(編集後記)
最近、家の近所のゴミ収集場には古新聞紙が置いてある。
ゴミ袋を破り生ごみを食い荒らすカラス用対策である。
カラスは、人間の可視光線外の波長の光も見えるという。
市販の白色ポリ袋でゴミを出すと、中身は人には見えなくともカラス
には見えてしまうらしい。
先日、埼玉県内の雑木林でカラスの死骸が百数十羽発見されたという
ニュースがあった。
情報通によると鳥インフルエンザでなく、胃の中は空で餓死したという。
どうやら細菌性腸炎にやられたらしい。
普段、ふてぶてしく人間も恐れないカラスであるが人が出す腐った
生ごみが感染の原因としたら悲しい。
(∂もえん)
―――――――――――――――――――――――――――◇◆◇

============================================================
[お知らせ]
食品安全委員会e-マガジン第396号は、
平成27年1月21日(水)配信予定です。

============================================================
※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メール
は受け付けておりません。
■食品安全委員会e-マガジンバックナンバー
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

■配信登録はこちら
[ウイークリー版+読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=35cca0985045a2091e101134e3a26be7
[読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=e564c936d33a9581ec261adebd17991b
[新着メール]
https://www.fsc.go.jp/newsreader/create

■配信中止・配信先変更はこちら
[ウイークリー版+読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=35cca0985045a2091e101134e3a26be7
[読物版]
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=e564c936d33a9581ec261adebd17991b
[新着メール]
https://www.fsc.go.jp/newsreader/cancel

■食品安全委員会からのご案内
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/e_oshirase_info.html

============================================================
[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局情報・勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)