食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05320360149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、改変遺伝子ドライブ特性を付与された遺伝子組換え昆虫の分子特性決定及び環境リスク評価に対する、EFSAの既存のガイドラインの妥当性を評価したGMOパネルの科学的意見書草案に関する公開協議について通知
資料日付 2020年2月17日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は2月17日、人工的改変遺伝子ドライブ特性を付与された遺伝子組換え(GM)昆虫の分子特性決定及び環境リスク評価に対する、EFSAの既存のガイドラインの妥当性を評価したGMOパネルの科学的意見書草案に関する公開協議について通知した。概要は以下のとおり。
 EFSAのGMOパネルは、上記科学的意見書草案に対する公開協議を開始した。欧州委員会からの任務に則し、本意見書は問題定式化演習(problem formulation exercise)を適用し、以下を評価している。
 (1)関連するコンパレーターを考慮した場合、遺伝子ドライブによる改変昆虫の意図的放出が、ヒトの健康/動物衛生、及び、環境に対する新たな潜在的ハザード及びリスクをもたらす可能性があるか。
 (2)遺伝子組換え動物のリスク評価に向けた、既存のガイドライン類(EFSA、2012及び2013)にて提示されている科学的考察/要件は、遺伝子ドライブによる改変昆虫の分子特性決定及び環境リスク評価に対処可能であるか。
 (3)既存のドキュメント(EFSA, 2012 and 2013)に関して、ガイダンスを更新する必要があるか。
 2020年4月17日まで、提供している電子テンプレートを利用した書面による意見を公募する。
 科学意見書草案はPDFファイルとしてとして本通知ページから入手可能。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) -
URL http://www.efsa.europa.eu/en/consultations/call/public-consultation-gmo-panel-scientific-opinion-evaluation
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。