食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04950380316
タイトル ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁 (BVL)、卵及び鶏肉中のフィプロニル検査の最新の結果を公表
資料日付 2018年5月3日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁 (BVL)は5月3日、卵及び鶏肉中のフィプロニル検査の最新の結果を公表した。概要は以下のとおり。
 昨年夏に起きた有効成分フィプロニルの違法使用を受け、欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)加盟国と共に欧州全体で行う臨時検査プログラムを導入した。同プログラムの枠組みの下、卵及び鶏肉/-脂肪検体について、フィプロニル及び他の67種類の物質(殺ダニ剤及び殺生物剤)に関する検査が行われた。
 検体の92%がフィプロニル非検出であった。フィプロニルが検出された検体で、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)が健康影響の可能性があると考える濃度を超えたものはなかった。
 ドイツでは、EUの枠組み下で行われる当該検査で、合計2,149検体が収集され、16,672の分析結果が得られた。8%の食品検体からフィプロニルが検出された。
 鶏卵に関しては、1,441検体について検査が行われた。7%(103検体)でフィプロニルが検出された。うち4%(57検体)からは、残留基準値(MRL)である0.005g/kgを上回る濃度で検出された。フィプロニルの最大検出濃度は0.45mg/kgであった。鶏卵を摂取する場合に健康影響の可能性があるとBfRが考える摂取量である0.72mg/kgを上回る検体はなかった。
 ブロイラー及び雌鶏由来の鶏肉(筋肉)と、採卵鶏(スープの出汁用)由来鶏肉についても検査が行われた。ブロイラー由来鶏肉では、161検体中4検体(2%)からフィプロニルが検出された。MRLを超える濃度で検出された検体はなかった。採卵鶏(スープの出汁用)由来鶏肉では、90検体中21検体(23%)からフィプロニルが検出された。うち9%(8検体)でMRLを超えていた。しかし、最大検出濃度は0.175mg/kgで、これは、鶏肉を摂取する場合に健康への有害影響の可能性があるとBfRが考える摂取量である0.77mg/kgを大きく下回っていた。
 更に、卵白、卵黄及び雌鶏(スープの出汁用)脂肪検体についても検査が行われた。フィプロニルの最大検出濃度は0.053mg/kgであった。
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁(BVL)
情報源(報道) ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁(BVL)
URL https://www.bvl.bund.de/DE/08_PresseInfothek/01_FuerJournalisten_Presse/01_Pressemitteilungen/01_Lebensmittel/2018/2018_05_03_PI_Fipronil.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。