食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04920400450
タイトル Eurosurveillance:「2016年5月、ドイツにおける未殺菌山羊乳及びチーズによって感染したダニ媒介性脳炎の2症例クラスター」
資料日付 2018年4月12日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  Eurosurveillance (Volume 23, Issue 15, 12/Apr/2018)に掲載された論文「2016年5月、ドイツにおける未殺菌山羊乳及びチーズによって感染したダニ媒介性脳炎の2症例クラスター (A cluster of two human cases of tick-borne encephalitis (TBE) transmitted by unpasteurised goat milk and cheese in Germany, May 2016)、著者SO Brockmann(Public Health Office, District of Reutlingen, ドイツ)ら」の概要は以下のとおり。
 2016年5月にドイツ、バーデン=ヴュルテンベルグ州の一地方において、1つの山羊農場由来の未殺菌乳及びチーズに関連するとみられるダニ媒介性脳炎(TBE)の2症例が血清学的に確認された(TBEウイルス(TBEV)に対する血清中のIgM及びIgE抗体陽性)。同地方でこれまでにTBEが発生したことはなかった。集団感染調査で、32人の山羊乳製品の摂取者が特定され(購入者29人、農場従業員1人、農場主2人)、このうちの誰も摂取後3~8週間はTBEVに対するIgM抗体を持っていなかった。同州の届出のあったTBE 27症例のうち、この疑いのある農場由来の未殺菌山羊乳やチーズを摂取したと報告した人はいなかった。
 異なる18のバッチ由来のチーズ22検体のうちの5検体が、TBEゲノムについてRT-qPCR陽性の結果となり、5検体中の2検体からウイルスの分離が確認されたことから、チーズでのTBEVの生存能力が示された。
 山羊45頭中の9頭でTBEV抗体の中和が起きており、その内の2頭は高力価であったことから、最近の感染が示唆された。マダニ412匹のうちの1匹がRT-qPCR陽性で、そのマダニから抽出された核酸のE遺伝子のシークエンス解析によってTBEVが確認された。
 マダニとチーズの系統樹解析によってE遺伝子のアミノ酸相同性が100%であること、及びスイス及びオーストリア由来のTBEV株と近縁であることが示された。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) Eurosurveillance
情報源(報道) Eurosurveillance
URL https://eurosurveillance.org/content/10.2807/1560-7917.ES.2018.23.15.17-00336
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。