食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05890340105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、2020会計年度残留農薬監視報告書を公表
資料日付 2022年8月10日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は8月10日、2020会計年度残留農薬監視報告書を公表した。概要は以下のとおり。
 FDAは、2020会計年度の年次農薬残留監視プログラム報告書を公表し、2020年度の食品及び動物用フード(訳注:飼料及びペットフード)の監視プログラムの調査結果をまとめた。
 2019年10月1日から2020年9月30日まで、FDAはその規制監視プログラムで、食品2,078検体(国内食品316検体及び輸入食品1,762検体)について約750種類の農薬及び選択された工業化学物質を検査した。FDAの職員は、35州から国内食品の検体を、79の国/地域から輸入食品の検体を収集した。当該調査結果により、FDAが測定した米国の食品供給における残留農薬のレベルは、一般的に米国環境保護庁(EPA)の残留基準値に適合していることが示されている。
1. 全体的な調査結果
 2020年度にFDAは、国内食品の96.8%及び輸入食品の88.4%が米国の基準、つまりEPAによって設定された残留基準値に適合していることを確認した。国内検体の40.8%、輸入検体の48.4%は農薬残留物が検出されなかった。食用農産品グループでは、各グループの違反率は輸入検体の方が高かった。より高い違反率によって、違反農薬残留物を含む可能性が高い輸入農産品を対象とした検体採取設計の有効性が確認されている。
 FDAはまた、農薬について動物用フード102検体(国内40検体及び輸入62検体) を分析した。FDAは、動物用フードの国内検体の100%及び輸入検体の96.8% が米国の基準に適合していることを確認した。動物用フードの国内検体の30.0%、輸入検体の48.4%は農薬残留物が検出されなかった。
 2020年度の結果は、過去数年間の結果と同様であった。ただし、Covid-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックにより、2020年度報告のFDAの検体収集及び分析には、以下のような影響があった。
・2019年度と比較して、2020年度に収集された食品検体数は約50%減少、動物用フード検体数は70%減少した。
・ 前年度の国内検体に比べて、2020年度は、より多くの輸入検体が収集された。
・「国内で生産された動物由来食品」業務(EU監査業務)では、国内検体が収集されなかった。
・この影響にもかかわらず、2020年度に収集及び分析された検体の調査結果は、過去数年間に示されたものと同様の適合率を示した。
2. 実施戦略
 FDAは3つの戦略を採用して、EPAの農薬残留基準値を食品及び動物用フードに適用している。これには、国産及び輸入農産品の農薬残留物に対する継続的な監視、特定の農産品又は農薬の検体採取調査の実施、及び収集検体の農薬分析が含まれる。FDAの規制残留農薬監視プログラムでは、約750種類の農薬と選択された工業化学物質の残留について、幅広く国内及び輸入農産品を選択的に監視している。分析範囲内の化合物(農薬及び工業化学物質)の数は、2019年度と比較してわずかに減少した。これは、FDAの継続的な最新化プロセスの一環として、一部の農薬及び工業化学物質のうち、使用されなくなった、又はほとんど検出されないものが対象から外されたためである。
 FDAはまた、特定の農産品又は特に関心のある選択された農薬について、集中的検体採取調査を実施する場合がある。さらに、FDAは、米国の平均的な食事に含まれる汚染物質及び栄養素を監視する継続的プログラムであるトータルダイエットスタディ(TDS)において、摂取するために調理された食品中の残留農薬化学物質のレベルを監視している。
 詳細情報は、以下のURLから入手可能。
・2020年度の残留農薬監視プログラムの農薬報告書(46ページ)
https://www.fda.gov/media/160464/download
・残留農薬監視プログラム報告書及びデータのページ
https://www.fda.gov/food/pesticides/pesticide-residue-monitoring-program-reports-and-data
・残留農薬監視プログラムQ&A
https://www.fda.gov/food/pesticides/pesticide-residue-monitoring-program-questions-and-answers
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-releases-fy-2020-pesticide-residue-monitoring-report
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。