食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05880010105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、トータルダイエットスタディ(TDS)の新しい報告書を公表
資料日付 2022年7月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は7月15日、トータルダイエットスタディ(TDS)の新しい報告書を公表した。概要は以下のとおり。
 FDAは、「TDS報告書:2018~2020会計年度の元素データ(Elements Data)及び関連データ表」を公表した。TDSは、FDAが食品安全及び栄養に関する取り組みの優先順位付けに役立つ重要なツールである。当該報告書は、2018~2020年度のTDSデータに関するシリーズの最初の報告書であり、米国の食品供給に関する政府機関の継続的な調査から得られた栄養素及び有害元素に関する最新のデータをまとめたものである。
 当該TDS元素報告書では、FDAによるTDSの新しい研究デザインを初公開しており、それはデータの品質を向上させ、食事ばく露評価を改善するために、2018年に実装されたものである。主な変更点には、(1)合理化された分析方法、(2)人口に基づく検体採取計画、(3)更新された食品リスト、(4)TDSデータを米国食事摂取量調査(What We Eat In America、WWEIA)のデータ、全米健康栄養調査(NHANES)の食品消費部分のデータと関連付けるシステムが含まれる。
 2018年度から2020年度の報告サイクルでは、307食品(食品、飲料、及び水を含む)が25の元素(栄養素と有害元素の両方)について分析された。選択された栄養素には、カルシウム、ヨウ素、鉄、及びカリウムが含まれ、これらの栄養素の不適切な摂取は健康状態の悪化につながる可能性があるために分析される。当該TDSはまた、ヒ素、カドミウム、鉛、及び水銀等の選択された有害元素についても検査する。これらは、FDAが食品を介したこれらの物質へのばく露を低減するための措置を講じることを優先している。これは、FDAの「ゼロにより近づける(Closer to Zero)行動計画」に詳述されているように、乳幼児はそれらの有害影響に対して、より脆弱だからである。
 農薬及び放射性核種に関する追加の報告が最終化され次第、FDAはTDSのウェブページの更新を継続する予定である。
 当該TDS報告書のエグゼクティブサマリーより(抜粋)
1. 有害元素である鉛、ヒ素、カドミウム、及び水銀は、分析結果の大部分(68%)で検出されなかった(not detected、ND)。
・鉛は当該検体の15%で検出され、結果はND~164 ppbの範囲であった(検出された二番目に高い鉛レベルは63 ppbであった)。
・ヒ素は当該検体の43%で検出され、結果はND~10,900 ppbの範囲であった(検出された二番目に高いヒ素レベルは9,100 ppbであった)。無機ヒ素について、さらに分析された検体のサブセットの結果は、6.1~103 ppbの範囲あった(検出された二番目に高い無機ヒ素レベルは90 ppbであった)。
・カドミウムは検体の61%で検出され、結果はND~400 ppbの範囲であった(検出された二番目に高いカドミウムレベルは300 ppbであった)。
・水銀は検体の8%でのみ検出され、結果はND~250 ppbの範囲であった(検出された二番目に高い水銀レベルは220 ppbであった)。
2. FDAの措置基準(action level)あるいは基準(Standards)を有するTDS食品について、全ての結果はFDAによって設定された基準を下回った。
・措置基準:リンゴジュース(鉛10 ppb、無機ヒ素10 ppb)、チョコレート及びハードキャンディー(鉛100 ppb)、並びに幼児用米シリアル(無機ヒ素100 ppb)。
・ボトル入り飲用水基準:鉛5 ppb、ヒ素10 ppb、カドミウム5 ppb、水銀2 ppb。
 2019年度は、TDSの一環として乳児用食品の追加の検体採取を実施した。当該プロジェクトで収集された384検体のうち、鉛、ヒ素、カドミウム及び水銀の関連分析結果の65%は、検出可能なレベルではなかった(前述のように、乳児用米シリアルの無機ヒ素の措置基準を超える結果はなかった)。乳幼児向けのボトル入り飲用水には、検出可能なレベルの鉛、ヒ素、カドミウム、水銀は含まれていなかった。当該結果は、乳児向け食品の分析物濃度に地域的あるいは季節的な有意差がないことを示唆している。
 「トータルダイエットスタディ報告書:2018~2020会計年度の元素データ」(PDF版、47ページ)は、以下のURLから入手可能。
https://www.fda.gov/media/159745/download
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-releases-new-total-diet-study-report
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。