食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05820350105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、「2019年全米薬剤耐性監視システム(NARMS)総合概要」を公表
資料日付 2022年4月19日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は4月19日、「2019年全米薬剤耐性監視システム(NARMS)総合概要」を公表した。概要は以下のとおり。
 FDAは、NARMSの共同実施機関である米国疾病管理予防センター(CDC)及び米国農務省食品安全検査局(USDA-FSIS)と共同で、「2019年NARMS総合概要」を公表した。NARMSは、ヒト及び獣医療で使用される抗菌性製剤に対する耐性について、ヒト及び動物の検体中に含まれる特定の病原体を監視する全国的な公衆衛生システムである。当該総合概要は、ヒト(CDC担当)、市販生肉(FDA担当)及び食肉処理時の動物(USDA担当)から分離された細菌における薬剤耐性データを組み合わせて、最も重要な抗菌性物質に対する耐性の傾向を調査するものである。
1. 現在どのようなデータが入手可能か?
 NARMS総合概要は、全ゲノムシークエンス解析(WGS)及び抗菌性物質感受性試験の両方が完了したときに公開される。このプロセスは時間とリソースを大量に費やす可能性があるため、NARMSは、「NARMS Now:統合データツール」を介して最新のデータをオンラインで利用できるようにしている。現在、「NARMS Now:統合データツール」は、1996年から2019年の間に収集されたNARMSが対象とする細菌の抗菌性物質感受性試験とWGSの両方に由来する耐性データ、及び2020年から2022年までのNARMSが対象とする細菌のWGSから得られた遺伝子型に基づく耐性データへの対話型アクセスを提供する。
2. 2019年のデータに見られる傾向は?
(1)耐性の状況が安定している:
 2019年に収集されたNARMSデータによると、ヒトから収集されたサルモネラ属菌分離株の大部分(78 %)は、NARMSで試験された抗菌性物質のいずれにも耐性はなかった。ヒトでは、耐性の全体的なレベルは2018年から比較的変化がなく、2006年から2017年までの他のデータと一致しており、試験されたサルモネラ属菌の76~85 %が全ての抗菌性物質に感受性であった。
(2)NARMSデータにより、耐性に変化があることが示唆されている:
・NARMS検体では、サルモネラ属菌の耐性の全体的なレベルは安定しているが、耐性パターンは特定の血清型内で変化している。2014年に出現した多剤耐性血清型であるSalmonella Infantisは、サルモネラ属菌の薬剤耐性株の全体の大部分を占めていた。S. Infantisは、セフトリアキソンを含む極めて重要な抗菌性物質に耐性があり、またシプロフロキサシンに対する感受性の低下を示している。
・多剤耐性サルモネラ属菌血清型I4,[5],12:i:-は、2010年以降、増加傾向が続いている。この血清型は、いくつかのサルモネラ感染症の治療に日常的に使用される抗菌性物質であるセフトリアキソン及びシプロフロキサシンに耐性である場合があるため、綿密に監視されている。
・カンピロバクターにおけるフルオロキノロン耐性は増加し続けており、この傾向が何によって推進されているのかは明らかではない。
(3)耐性が、引き続きまれである:
・ヒトから分離されたサルモネラ属菌のわずか1 %がアジスロマイシンに対する感受性の低下を示し、血清型Newportが分離株の大部分(53 %)を占めていた。
・2019年には、動物、動物製品、又は小売肉から分離されたサルモネラ属菌又は大腸菌はいずれも、既知のコリスチン耐性遺伝子を有していなかった。
3. どのようにNARMSデータが利用されたか
・NARMSデータの知見は、薬剤耐性を封じ込めるための世界的な取り組みの重要性を強調している。
・薬剤耐性に関する情報は、耐性低減に向けた手順の研究を含む適切な対応のために全てのステークホルダーがアクセスできるようにオンラインで共有されている。2021年には、多剤耐性サルモネラ属菌血清型I4,[5],12:i:-の拡大についてステークホルダーに通知するために、暫定データ更新を公表した。
 詳細情報は、以下のURLから入手可能。
・同総合概要のページ
https://www.fda.gov/animal-veterinary/national-antimicrobial-resistance-monitoring-system/2019-narms-update-integrated-report-summary
・NARMS Now:統合データのページ
https://www.fda.gov/animal-veterinary/national-antimicrobial-resistance-monitoring-system/narms-now-integrated-data
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/animal-veterinary/cvm-updates/fda-releases-narms-integrated-summary-2019
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。