食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05810040150
タイトル 欧州化学品庁(ECHA)、加盟国と148種のビスフェノール類を評価し、30種以上のビスフェノール類がホルモン又は生殖毒性に影響を及ぼす可能性があるため、規制が必要であると勧告
資料日付 2022年4月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州化学品庁(ECHA)は4月6日、加盟国と148種のビスフェノール類を評価し、30種以上のビスフェノール類がホルモン又は生殖毒性に影響を及ぼす可能性があるため、規制が必要であると勧告した。概要は以下のとおり。
 多くのビスフェノール類は、ヒトの健康及び環境のいずれにも内分泌かく乱作用を及ぼすことが知られている。また、生殖毒性もある。これらは広く使用されており、34種類のビスフェノール類のリスクを管理するための最良の方法として、グループ化による制限が特定されている。この数については、これらのビスフェノール類やデータが不足している他のビスフェノール類について、より多くの情報が生み出されて変わる可能性がある。
 3種類のビスフェノール類(ビスフェノールA、ビスフェノールB、2,2-ビス(4-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン)は、すでに高懸念物質(SVHC)として特定されている。危険性に関する十分な情報がすでに得られているビスフェノール類については、SVHCの特定又は調和された分類と表示(harmonised classification and labelling)が提案されている。しかし、多くのビスフェノール類については、内分泌かく乱作用や生殖毒性について確認する前に、より多くのデータを作成する必要がある。
 「化学物質をグループ化して評価することは、規制措置やさらなるデータが必要な化学物質、あるいは現時点ではさらなる措置が不要な化学物質を迅速に特定することができるため、成功したアプローチであるといえる」とECHAの優先順位付けと統合担当ディレクターであるOfelia Bercaru氏は述べている。
 ドイツ当局はすでに、ビスフェノールAやその他の内分泌かく乱作用を持つビスフェノール類の環境に対する使用を制限する提案を準備している。ドイツの提案がどのビスフェノール類を対象とするのかが明らかになれば、ECHAと欧州委員会はビスフェノール類に関する規制措置のさらなる必要性を検討することになる。
 ビスフェノールAF及びその塩8種類はパーフルオロアルキル物質及びポリフルオロアルキル物質(PFAS)としても定義されているため、計画されているPFASの規制についても、追加措置の中で検討する必要がある。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) その他
情報源(報道) 欧州化学機関(ECHA)
URL https://echa.europa.eu/-/group-assessment-of-bisphenols-identifies-need-for-restriction
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。