食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05770030482
タイトル 香港食物環境衛生署食物安全センター、「2021年食品中の有害物質(改正)規則」手引(2022年1月付改正版)を公表
資料日付 2022年1月27日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  香港食物環境衛生署食物安全センターは1月27日、「2021年食品中の有害物質(改正)規則」手引(2022年1月付改正版)を公表した。
 改正規則は2021年6月11日に官報に掲載され、7月に立法評議会で関連審議を終えた。改正規則は二段階で実施される。部分水素添加油を食品中の禁止物質としてリスト化する規定及び関連表示要件は2023年12月1日に発効、その他の改正規定は6月1日に発効する。改正版の目次は以下のとおり。
 第一章 序文
 第二章 「改正規則」付表1中の食品中の有害物質最高濃度の解釈(※訳注)
 第三章 部分水素添加油を含む食用油脂の輸入禁止、及び部分水素添加油を含む食品の販売及び「2021年食品及び薬物(成分及び表示)(改正)規則」関連する改正規則の解釈
 第四章 よくある質問
(※訳注)改正規則では、食品中の三つの有害物質(アフラトキシン、エルカ酸、メラミン)の最大許容濃度を更新し、食品中の五つの有害物質(ベンゾ[a]ピレン、デオキシニバレノール、グリシジル脂肪酸エステル、バシトラシン、3-クロロ-1,2-プロパンジオール)の最大許容濃度を導入する。
地域 アジア
国・地方 香港
情報源(公的機関) 香港食物環境衛生署食物安全センター
情報源(報道) 香港食物環境衛生署食物安全センター
URL https://www.cfs.gov.hk/sc_chi/whatsnew/whatsnew_fstr/files/Combined_Guideline.pdf
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。