食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05730990296
タイトル コーデックス委員会、第44回総会(CAC44)で議論された内容を公表
資料日付 2021年11月14日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  コーデックス委員会は11月14日、第44回総会(CAC44)で議論された内容を公表した。概要は以下のとおり。
 当該総会(2021年11月8日~18日)はオンラインで開催された。
 会議6日目、議論は、既に設定されている規格から、食品の将来像(「新たな食品及び生産システム」(NFPS)と称される革新的な領域)へと移った。
 国際連合食糧農業機関(FAO)は、これらの食品を、これまで世界的に消費量が少ないことを理由に「新しい(new)」と呼んでいる。植物ベースのたん白質代替品(例えば海藻等)や食用昆虫等である。コーデックス委員会にとって新しいという意味もあり、3Dプリンターや培養細胞に基づく製品等、技術の進歩によるものもある。
 海藻は、日本では2,000年以上もの長きにわたり摂取されており、「新しい」食品ではないが、「食品及び飼料としての「海藻」は、持続可能な一次食品生産のための解決策の一つとなり得る。当該分野におけるコーデックスのガイドラインが現時点で存在しないことが指摘される」(ノルウェー)。
 一部の技術は開発初期段階にあり、「コーデックス規格又はガイダンスを策定する試みは、科学に基づく規格を裏付けるためのデータの欠如を理由に時期尚早と考えられる。また、非関税障壁に繋がり、生産性革新の妨げになる可能性がある」(米国)。
 副議長は、「この問題に対して迅速に対応する必要性と同時に、包括的なアプローチを担保する必要性があるとの意見が出された。これらのバランスを取りながら進める方策を見出す必要がある」と述べた。
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) Codex
情報源(報道) 国際連合食糧農業機関(FAO)
URL https://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/news-and-events/news-details/en/c/1455532/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。