食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05680720105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、「ローコスト或いはノーコストの食品トレーサビリティへのチャレンジ」の受賞者を選出し、受賞したソリューションを紹介するためのウェビナーについて公表
資料日付 2021年9月13日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は9月13日、「ローコストあるいはノーコストの食品トレーサビリティへのチャレンジ」の受賞者を選出し、受賞したソリューションを紹介するためのウェビナーの予定について公表した。概要は以下のとおり。
 FDAは、「よりスマートな食品安全の新時代のローコストあるいはノーコストのテクノロジー対応のトレーサビリティへのチャレンジ」の受賞者12チームを発表した。2021年6月1日に当該チャレンジが開始されてから、7月30日に提出期間が終了するまでに、90件の提出があり、米国、カナダ及びニュージーランドを代表するチームが受賞した。オーストラリア、中国、イギリス、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、シンガポール、スペイン、スイス及び台湾のチームからの提出も歓迎された。
 FDAのよりスマートな食品安全の新時代イニシアチブの目標は、食品安全システム全体で、供給元から食卓まで、エンドツーエンド(end-to-end)のトレーサビリティの達成を支援することである。新しいテクノロジーを活用し、データストリームを統合することで、食品業界全体に広く一貫したトレーサビリティシステムの実装を進める一助となる。
 しかし、このようなテクノロジーの費用負担は、特に小規模企業にとっては、テクノロジー対応のトレーサビリティシステムを採用する際の障壁となる可能性がある。エンドツーエンドの食品トレーサビリティを実現するには、アクセス可能なトレースソリューションが必要である。
 当該チャレンジの主な目標は、テクノロジープロバイダー、公衆衛生の提唱者(advocates)、起業家及びあらゆる分野のイノベーター等のステークホルダーに、エンドユーザーに至るまでローコストあるいはノーコストとなるトレーサビリティハードウェア、ソフトウェアあるいはデータ分析プラットフォームを開発するよう促すことであった。
 詳細情報(受賞者の情報、提出された動画の視聴等)は、以下のURLから入手可能。
https://precision.fda.gov/challenges/13/results
 9月28日に開催予定のウェビナー「FDAのローコストあるいはノーコストのテクノロジー対応のトレーサビリティへのチャレンジ」は、以下のURLにて配信される。
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=F2P8MPyQiwg
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-selects-winners-low-or-no-cost-food-traceability-challenge-plans-webinar-showcase-solutions
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。